ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

起動アプリ履歴から画面の自動回転設定を変更できるXperia向けスモールアプリ「ScreenRotation」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Androidの画面自動回転のON/OFFを起動タスク履歴から変更できるXpeira向けのスモールアプリ「ScreenRotate(Small App)」がGoogle Playストアでリリースされました。ScreenRotateは、Androidの設定メニューにある「画面設定/ディスプレイ」→「画面の自動回転」のON/OFFを操作することに特化したアプリ。スモールアプリランチャーから利用できるので、どの画面が表示されていても簡単に自動回転の設定を切り替えることができます。通知パネルに自動回転トグルがない機種や、自動回転トグルを通知で実現したサードパーティアプリをインストールすることなく自動回転のON/OFF操作ができます。アプリの利用方法は、ScreenRotationをGoogle Playストアからインストールし、起動アプリ履歴画面のスモールアプリランチャーからアプリアイコンをタップするだけです。アプリアイコンをタップしても小窓が表示されることはありません。アプリの対応機種はスモールアプリ機能を搭載したXperiaスマートフォン・タブレット。「ScreenRotation」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
LenovoのAtom Z2580を搭載したAndroidスマートフォン「IdeaPhone K900」は中国で4月中旬に発売される見込み
Samsung、Galaxy Yの改良版「Galaxy Y Plus」をインドで発表
新しいGalaxy S IV用ケースの画像

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP