体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィギュア(ガレージキット)を製作してみた

フィギュア(ガレージキット)を製作してみた

 まず、ガレージキットとは簡単に言うと組み立て式のフィギュアであり、少量生産に向いているので同人作品やマイナー作品に見られるタイプの物です。

基本的にパーツの加工(削るなど)や塗装から行う物から部品自体に色がついていて組み立てるだけの物もあります。

こんな事を書いていますが、記者はほぼ初心者です。(カラータイプを一回製作)

フィギュア(ガレージキット)を製作してみた

キャラデザが幼女っぽ幼く見えますがこれはDカップくらいだとおもう

CV門脇舞以 って感じのキャラデザ

フィギュア(ガレージキット)を製作してみた

こちらパーツ22点。

離型剤でぬるぬるするので中性洗剤などで洗浄し

余分なパーツ取りやパーティングラインという合わせ目を消します。

ここまで真っ白だとやる気なくすわー

ペーパーで表面を少しざらつかせる程度にしておくと、塗料ののりがよくなります。

記者は面倒なのでやらなかったのですが、サーフェイサーごとハゲました・・・

使用道具

フィギュア(ガレージキット)を製作してみた

ラジオペンチ、ニッパー、プライヤー、ナイフ、ダイヤモンドヤスリ、ピンセット、ピンバイス

ピンバイスはパーツの接続部分に穴を開け、真鍮線(1mm程度)で固定するために使います。

ペーパーは耐水が良いです。800〜1500くらいを使いました。

フィギュア(ガレージキット)を製作してみた

あと、エアブラシ。

筆塗りでも良いですがこっちの方がきれいにぬれます。

ちゃんとした物は高いですが、カー用品通販などで売っている物はセットで5000円程度の物もあり、

記者もその安物を使用しています。

下地処理

普通のフラモデルと違ってレジンキャストという材質で出来ているので、塗料の食いつきが悪いです。

また、品質も安定しないので、表面の気泡やへこみを見つけるためにサーフェイサーをかけます。

細かい部分はペーパーやコンパウンドで修正。

フィギュア(ガレージキット)を製作してみた

いろいろ飛ばしましたが、まあ普通にむら無くかけます。

ついでに仮組みした状態で大きさは500のペットボトルと比べるとこのくらいの大きさ。

この時点で少し満足し面倒になる記者。ここまでで15時間ほど掛かってます。

フィギュア(ガレージキット)を製作してみた

びふぉーあふたー

そして色をつけていくわけですが、

肌色や白系の服など色の薄い物は、ホワイトサーフェイサーやベースホワイトを使い下地を白に塗ってからそれぞれの色を塗っていきます。

サーフェイサーのグレーより下地が白の方が発色がよくなるので。

色については、プラモデルのように説明書に色が書いてないです。

パッケージを見るなりして自分の感覚で色を調合します。

使用した塗料は水性ホビーカラーとアクリルカラー、エナメルカラー。トップコートも水性クリアです。

本当はラッカー→アクリル→エナメルがベストですが、予算削減のためアクリルとエナメルで塗りました。

フィギュア(ガレージキット)を製作してみた
1 2次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。