体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

禅(Zen)をカスタマーサービスに!Zendesk 日本法人を設立へ

禅(Zen)をカスタマーサービスに!Zendesk 日本法人を設立へ

ヘルプデスク業務を安価に構築!音声通話をサポートした「Zendesk」の魅力』でも紹介したように、Zendesk(ゼンデスク)は、顧客サービスに関わるあらゆる窓口からの問い合わせやコミュニケーションを一元管理できるシステムが特徴のカスタマーサービスツールだ。

導入企業に合わせてカスタマイズを行なうことも可能となっており、たとえば企業のカスタマーサポート部門とマーケティング部門で対応状況や顧客情報を共有できたりと、この手のサービスツールでは珍しくマルチチャンネルに対応できたりと、画期的とも言えるカスタマーサービスを提供している。

そのZendeskが2013年3月12日、「Zendesk日本法人設立」の記者発表会を開催した。発表会では、来日した米Zendesk CEOミッケル スヴェーン(Mikkel Svane)氏 による挨拶に加え、Zendesk ジャパン カントリーマネージャー 國村 寛 氏によるZendeskの紹介や日本展開に向けた事業戦略説明などがあった。
■禅(Zen)をカスタマーサービスに – 米Zendesk CEOミッケル スヴェーン 氏
発表会は、まず米Zendesk CEOミッケル スヴェーン(Mikkel Svane)氏による挨拶から始まった。

同氏は開口一番、日本語で「こんにちは、みなさん。花粉症、大丈夫ですか?」と話し、来場者を沸かせた。
禅(Zen)をカスタマーサービスに!Zendesk 日本法人を設立へ米Zendesk CEOミッケル スヴェーン(Mikkel Svane)氏

その後は英語によるスピーチに切り替わったが、日本語の同時通訳が行われていた。同氏は、
「本日のニュース速報を申し上げます。2013年2月28日、Zendeskは日本法人を立ち上げ、株式会社となりました。」と、日本法人設立を高らかに宣言した。

そもそもZendeskは、東京都(人口約1300万人)の半分以下、人口600万人に満たないデンマーク王国がルーツだという。名称の由来だが、「禅(Zen)をカスタマーサービスに」という意味合いが込められている。

音声によるコールセンターへの電話、電子メール、ソーシャルメディア(SNS)、ライブチャット、ホームページに組み込んだライブコミュニケーションに対応できるほか、CRMソリューションのセールスフォース・ドッドコムやWordPressなどとも共存できるという。

このZendesk 、5年前の利用者は全世界で100社程度だったが、ところが5年間で2万5000社以上に導入されるようになったというから驚きだ。現在世界140か国で展開されており、日本へは2012年5月より日本語版の提供を開始し、100社以上の導入実績を誇る。
禅(Zen)をカスタマーサービスに!Zendesk 日本法人を設立へ

同氏は、日本のサービス精神が世界的にも有名であることを話したのち、
「日本には長いカスタマーサービスの歴史があります。Zendeskを日本に持ってきたのは自然の流れであると言えます。また米国に比べ、日本の顧客がソーシャルメディアを問い合わせ窓口として利用する可能性は、倍以上と推測しています。」と、米国市場と日本市場の違いについて語ってくれた。

同社は現在、日本市場の拡大に全力を尽くしているが、2013年には、さらに7人のスタッフを採用するとのことだ。

■サーポートをスムーズに行える – Zendesk ジャパン 國村カントリーマネージャー
引き続き、Zendesk ジャパン カントリーマネージャー 國村 寛 氏からZendeskの説明があった。

國村カントリーマネージャーは、
「日本語のウェブサイトから無料トライアルにご登録いただいて、まずはお試しいただけます。」と、無料トライアルで手軽にZendeskを体験できることを強調していた。
禅(Zen)をカスタマーサービスに!Zendesk 日本法人を設立へZendesk ジャパン カントリーマネージャー 國村 寛 氏

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。