体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhoneやiPadとBluetooth連携で歩数や消費カロリーなどを記録・管理できるワイヤレス活動量計「fitbit zip」と「fitbit one」が3月15日から発売開始

iPhoneやiPadとBluetooth連携で歩数や消費カロリーなどを記録・管理できるワイヤレス活動量計「fitbit zip」と「fitbit one」が3月15日から発売開始

fitbit oneとfitbit zipが国内販売開始!
FitbitとソフトバンクBBは13日、Apple製スマートフォン「iPhone」やタブレット「iPad」を使って歩数や消費カロリーなどを記録・管理できるワイヤレス活動量計「fitbit zip(フィットビットジップ)」と「fitbit one(フィットビットワン)」の日本国内での販売を2013年3月15日(金)からSoftBank SELECTION(ソフトバンクセレクション)取扱店およびWebストア「SoftBank SELECTIONオンラインショップ」などで開始すると発表しています。

価格は、それぞれオープン価格ながら、FitbitのWebサイトおよびSoftBank SELECTIONオンラインショップでの販売価格が、fitbit zipで5,480円、fitbit oneで9,980円となっています。

fitbitは、iPhoneやiPadとBluetooth 4.0によってワイヤレス接続することで、歩数や消費カロリー、睡眠サイクルなどの毎日のアクティビティーを手軽にチェックできる活動量計です。

専用アプリやウェブサイト上の「ダッシュボード」を使って食事や体重の記録・管理ができるほか、友達を登録して活動記録をシェアすることで、楽しみながらライフスタイルの改善をサポートしてくれるとのこと。

◯fitbitの主な特長
・歩数や距離、消費カロリーを記録
・睡眠サイクルをチェックし、バイブレーション目覚まし機能で起床をサポート(「fitbit one」のみ)
・Bluetooth 4.0対応で、iPhoneやiPad、パソコンとワイヤレスで同期
・無料の専用アプリとウェブサイト上の「ダッシュボード」で、食事や体重などの入力・管理が可能
・友達を登録して、競い合いながら楽しめる共有機能
・汗や雨に強い防滴仕様

今回の国内販売を受けて、Fitbit CEOのジェームズ・パーク氏は「日本のiPhoneユーザーが『fitbit』を通じて自分の体を知り、気付くことによるライフスタイルの変化を楽しんでほしいと考えています。」とコメントしています。

今回の国内販売は、Fitbitと「SoftBank SELECTION」ブランドでモバイルアクセサリー事業を展開するソフトバンクBBとの強固なパートナーシップの下、スマートフォンユーザーへ提供していくという。

また、ソフトバンクBBは「ロコモ チャレンジ!推進協議会」のサポート企業として、新しい国民病である「ロコモティブシンドローム(ロコモ)」の対策に「fitbit」を通して毎日の運動の重要性を提案していくそうです。

◯fitbit zipの主な仕様
・歩数や距離、消費カロリーを記録できるベーシックモデル
・ファッションにもマッチするカラーリングと、わずか8gの軽量でコンパクトなデザイン
対応機種iPhone 5、iPhone 4S、iPad(第4世代、第3世代)、iPad miniカラーライム、マゼンタ、ブルー、チャコール電源ボタン型電池Bluetooth規格Bluetooth 4.0対応OSMac OS 10.5以上
Windows XP、Windows Vista、Windows 7以上連続使用時間約4~6カ月サイズ約28.0(W)×35.5(H)×9.7(D)mm質量約8g(本体のみ、電池を除く)製品構成トラッカー(本体)、クリップカバー、電池、USBハードウエアキー、電池交換ツール

02
1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会