ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無料で南青山に事務所 若手ベンチャーを応援する『独立支援「0円」プロジェクト』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「明日から本気出す」といつも考えているアラフォーの筆者とは違い、「こんなサービスを立ち上げてみたいけどどんなもんだろう?」「独立して事務所を持ちたいんだけど先立つものが・・・」「まだ誰もやってないWebサービスを思い付いたんだけど」などと考えている十代から三十代の若者は大勢いるはずだ。そんな将来有望な若者を応援するプロジェクトが開始されたので紹介しよう。

国内の大手企業を中心にソフトウェア開発事業を展開する株式会社エー・アンド・ビー・コンピュータは、日本のベンチャー起業家の独立支援の一環として、オフィス提供、経営指南、及び当社エンジニアによる開発支援など、多岐にわたり日本の若手ベンチャー企業を育成・支援する『独立支援「0円」プロジェクト』を本日、2013年3月13日より開始した。

■プロジェクト開始の背景
今回のプロジェクト支援の背景は全て、株式会社エー・アンド・ビー・コンピュータ代表である千葉 宏一氏の経験からくる「想い」によるものだ。千葉氏が同社を立ち上げるきっかけとなったのが、東芝でのエンジニア時代、スタンフォード大学への海外派遣で出会った、優秀で活発な起業家から得た多くの刺激にあるという。

また大企業からの転職で、起業前後には多くの失敗を経験。その都度、先輩経営者から学び、教えられ、支えてもらったことが、同社の成長の実現へとつながっているのだそうだ。

こうした過去の経験から、先輩経営者との関係性が希薄な昨今、先輩経営が近くにいる環境を提供し、少しでも日本の未来の役に立ちたいという想いの元、今回のプロジェクトを開始したそうである。

サラリーマンにとっても若い時代に仕事を教えてくれる先輩、本気で叱って指導してくれる上司、そして切磋琢磨できる同僚という環境に恵まれることで、一人前のビジネスパーソンとして成長することができる。

しかし、若くして起業した場合、指示を仰ぐこともできないし、自分の方向性が正しいのか間違っているのか悩むようなことがあっても、相談する相手がいないという環境が多い。また、学生時分から起業して事務所にこもりっきりで仕事をしているようなケースでは、社会人としての一般的なマナーすら身に付いていないような経営者がいたりする。

そうした悩ましい部分に対し的確なアドバイスを与えたり、相談に乗ってくれたりといったことも、このプロジェクトに含まれているそうだ。何より同社の所在は南青山というオシャレな場所にある。そこを無償で事務所にできるというだけでも、かなり魅力的な話だと思う。世の若き企業家で、我こそはと思う人は応募してみたらどうだろう? ちなみにアラフォーの筆者は、思いっきり対象から外れている。

◆『独立支援「0円」プロジェクト』
・応募期間:2013年3月13日~2013年4月30日まで
・対象  :10~30代の意欲ある若者もしくは企業
※起業前・後にかかわらずインターネットを利用したサービスを考えている人が対象。
・選考方法:代表千葉との面談により決定。
※実施したいサービス内容を重視するだけでなく「人間性」を何より大切にし選考。
・応募方法:独立支援「0円」プロジェクトサイトの応募方法ページの
      応募フォームより必要事項を入力の上、応募。
・プロジェクトサイト:http://www.a-b-kigyoushien.com/

◆同社より提供されるもの
■本社オフィス一室を無償提供(登記・郵便物受取り・固定電話有)
■FAX、コピー等の周辺事務機器有(キッチン使用可)
■ランチ(500円を目途)の支給(起業当時の苦労を思い、親心から)
■バックオフィス業務(経理総務)の代行対応

プロジェクトサイト
株式会社エー・アンド・ビー・コンピュータ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ今日のできごと話題のニュース

外部サイト

最大112.5MbpsのWi-Fiルーター ドコモから国内最速のモバイルWi-Fiルーター
レノボがゲーミングPCに参入! 同社のビジネス戦略「プロテクト・アタック」とは?【デジ通】
Wordでちょっとはみ出しちゃった文書を1ページに収めて印刷する【知っ得!虎の巻】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7495262/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP