体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Androidスマートフォンを購入したら入れておきたいアプリはこれだ!ライターmi2_303が選ぶ「GALAXY Note II SC-02E」編

大画面とSペンのスマホの使いこなし?!
S-MAXライター陣が自分の端末にインストールしたアプリを紹介していく「最初に入れるAndroidアプリ」シリーズ。今回は唯一無二のユニークさを持つドコモから発売されている「GALAXY Note II SC-02E」(サムスン電子製)へインストールしたアプリを紹介します。

GALAXY Note IIといえばSペンと大画面。この二つを活かすアプリとして画像系アプリ2本をインストールしています。

Photoshop Touch for phone(Google play)
 →タッチペンならストレスなく各機能を使えるPS Touch(紹介記事

LayerPaint(Google Play)
 →描画はSペンのみ、指先の操作はスクロールやピンチ操作など描くことに特化した優れたアプリ(紹介記事1紹介記事2

便利ツール
ATOK(Google play)
 →月額利用のパスポート版はパソコンと同時に使用することもできる。クラウドと同期してパソコン・スマートフォン・iOSデバイスで辞書を共有できるなど高度な使い方ができる。数字キー付きのQWERTYキーボードなど操作方法も文句なし!(紹介記事

EVERNOTE(Google play)
 →メモ書き以外に画像やPDFファイルを共有できるの便利なクラウドアプリ(紹介記事

twitcle plus(Google play)
 →ボタンが下の方にある大画面でも操作しやすいTwitterクライアント(紹介記事

ES ファイルエクスプローラー(Google play)
 →USB接続無し、ネットワーク経由でPCやNASとデータをやりとりもできるファイルマネージャー

その他
MX 動画プレーヤー(Google play)
 →大画面で動画を楽しみたい。様々な動画コーデックに対応した優秀な動画プレイヤー

Screen Off and Lock(Google play)
 →アイコンをタップすればロックできる便利ツール。スクリーンをオフする際に電源ボタンを押す必要なし!

OLED Ageing(Google play)
 →有機ELのステータスバー部分に発生しがちな焼き付きを「その部分だけを発光させる」ことで打ち消そうという意図のアプリ。効果のほどは未知数だが、GALAXY Note IIのディスプレイが有機ELなので試しにインストール!アプリ開発者は当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でライティングもしているエンジニアのえど氏。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。