ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

レノボがゲーミングPCに参入! 同社のビジネス戦略「プロテクト・アタック」とは?【デジ通】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

レノボがゲーム用途に特化したデスクトップパソコンを発表した。ゲームPCは海外では認知されており、一定層の需要が見込める市場になっている。日本でもデルのALIENWARE(エイリアンウェアー)などがある。

今回レノボが日本に投入するゲーミングPCブランドは「Erazer」(イレーザー)という。そのシリーズの中で中世騎士の鎧のようなデザインモチーフにした筐体の「Erazer X700」が販売される。ニッチな市場と思われる日本市場で、なぜこのタイミングでゲーミングPCを投入するのだろうか? Vそこにはレノボの「プロテクト、アタック」という戦略があった。

レノボの世界戦略の基本は「プロテクト・アタック」だ。日本語だと「防御と攻撃」という意味になる。現在、レノボが最も強い市場は中国で、この市場をプロテクトしつつ、他の市場にアタックをかけるといった具合だ。

日本市場になると、ThinkPadがビジネス向けとして圧倒的に強いため、ここをプロテクトし、コンシューマー向けへのアタックとしてのゲーミングPCの投入ということになるわけだ。

もちろん従来からあるIdeaPadやIdeaCentreブランド認知度の向上や、製品の付加価値の向上も目指す。ブランドアンバサダーとして中田英寿氏を起用した広告で認知度向上を図り、付加価値ではUltrabookのIdeaPad U310、コンバーチブルUltrabookのIdeaPad Yoga 13を投入するなど、製品の魅力向上に取り組んでいる。
その付加価値向上の流れを強くするためのゲーミングPCブランド「Erazer」というわけだ。

Erazerは元々ドイツのMedionがヨーロッパで展開していたブランドだ。日本でNECと協業するのと同じタイミングの2011年にレノボがMedionを買収した。

これによってErazerはヨーロッパに続き、中国、日本へと参入、ここからレノボのゲーミングPC分野へのアタックが全世界で始まったと言える。

レノボがゲーミングPCに参入! 同社のビジネス戦略「プロテクト・アタック」とは?【デジ通】

日本におけるレノボのPCでゲームも可能な製品としては、IdeaPad Y700、IdeaCentre Kシリーズなどを提供していた。これは従来のパソコンの延長上の製品でゲームも楽しめる程度でしかなかったが、今回の製品は完全にゲーミング仕様になっている。

CPUやGPUなどはゲーミング用にハイスペックな物を使用しているのは当然として、キーボードやマウスは、自分好みの物を使用するゲーマーが多いため、標準で付属していない。といった具合にゲームに特化した仕様になっている。

しかし、日本では専用ゲーム機や、スマートフォンや3DSなどの携帯機などが人気で、ゲーミングPC自体あまり盛り上がっていない。ない市場なら作ってしまえ!という積極的な攻勢は認めるが、このアタックが成功するかは、数年後には判明するだろう。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ今日のできごと話題のニュース

外部サイト

Wordでちょっとはみ出しちゃった文書を1ページに収めて印刷する【知っ得!虎の巻】
あの車両のパーツが! 引退した京阪電鉄“旧3000系”が「公開解体買付ショー」に登場
千代田線と半蔵門線制覇! 東京メトロにおける携帯電話のサービスエリア拡大

(http://news.livedoor.com/article/detail/7494858/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。