ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Amazon独自スマートフォンの発売が遅れるとの報道

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Amazonが今年発売を予定していると噂されている自社製スマートフォンの開発が遅れており、当初予定の2013年Q2中には発売されない可能性があると台湾メディアのDigiTimesが液晶パネルメーカー関係者から情報を得たとして報じました。報道によると、AmazonのスマートフォンはFoxconn International Holdings傘下のEnsky Techが開発を行っており、Amazonの当初の計画だと、2013年Q1中に量産前の生産確認テスト(PVT)が完了し、同四半期中にも量産に移されることになっていたそうなのですが、Amazonスマートフォンに搭載されるOSに問題が生じたために開発は難航しているそうです。現在でもまだ開発初期の技術確認テスト(EVT)を行っている最中で、量産が2013年6月までに開始されそうにもないことから、当初予定の2013年Q2中に発売される可能性は低いと伝えています。Amazonスマートフォンの詳細は伝えられていませんが、昨年12月の報道によると、米国では100~200ドルの安い価格で販売されるそうです。Source : DigiTimes



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S IVデュアルSIM版(GT-I9502)の動作映像
シルバーウイン、画面サイズ6インチのAndroid 4.0タブレット「ポケタブ6」を発売、メーカー希望小売価格は8,780円
Androidアプリ「美人時計ver.ロックスクリーン」にアプリ容量を削減し、対応機種を拡大したLITE版が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP