体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大画面スマホにもオススメのTwitterクライアント「twitcle plus」【Androidアプリ】

ボタンが下にあるのがポイント
以前紹介したAndroid用のTwitterクライアント「Twitcle」がTwitter社の方針である認証上限に達したということで新たにアカウントの認証がし辛い状況となっていましたが、この度「twitcle plus」としてリニューアルされた正式版がリリースされました。

今回は、新しくなったtwitcle plusをチェックしてみましょう!

■twitcle plusはどんなアプリ
基本的にtwitcleと操作方法などは同じで、一般的なTwitterクライアントの機能は一通り網羅されています。新たにカラム毎の自動更新・起動時更新など細かいカスタマイズが可能となりました。

画面タッチによるショートカットの設定も可能となりました。例えば、ツイートの右をタップしたら会話表示、長押しをしたら返信などの使いやすいようにカスタマイズ可能です。ボリュームキーにもスクロールやカラム切り替えの機能を割り当てることも可能です。

01

タイムラインはこの様なポップアップ表示も可能。
ボタンが画面下に集中していて使いやすい

02

デフォルト設定ではツイートをタップすると返信やRetweet、
URLリンクなどのメニューが表示される

03

細かいカスタマイズが可能な詳細設定画面

■twitcle plusはどうなの?
無料版と有料版の違いは大きくはありませんが、現状では先の認証問題などもあり有料版であるtwitcle plusを選ばざるを得ない状況となっています。海外製アプリではないので、作者のTwitterアカウントに分からない点や要望などをつぶやける安心感があります。

とはいえ、Androidスマートフォンは4.7インチや5インチなど大画面化して片手操作では厳しくなりつつあるので、操作系が画面下に集中しているtwitcle plusは重宝します。欲を言えば、投稿画面を開くボタンが左下ではなく右下にあれば5インチを越えるのGALAXY Noteシリーズでももっと使いやすくなるのにという所です。

またタブレット端末向けに横位置でのマルチカラム表示にも対応していますので、タブレットユーザーにもオススメです。

記事執筆:mi2_303

[Image] QRコード

アプリ名:twitcle plus
価格:¥350
カテゴリ:ソーシャルネットワーク
開発者:yoshika
バージョン:1.0.4
ANDROID 要件:2.2以上
Google Play Store:http://play.google.com/store/apps/details?id=jp.yoshika.twitcle.plus

btn_android
1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会