体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なんかマクロレンズ買ったから梅の花とりにいった

なんかマクロレンズ買ったから梅の花とりにいった
買ったのはこれ

http://kakaku.com/item/10506011903/

中古で2万5000円くらい。

35mmで等倍マクロっていう珍しいレンズ。(普通60mmとか100mmとか50mmとかだもんなー)

○○mmていうのは焦点距離っていうやつで、超簡単にいうと数字が小さくなると広角になって大きくなると望遠になるかんじ

APS-C用でAPS-Cだと55mmくらいになって標準域なかんじ。

今までメインで使ってた50mmF1.8とかいうレンズはAPS-Cだと80mmと微妙に望遠よりっぽくなって撮れるものが限られてくるのがアレなのでもうちっと広角なレンズがほしかったのでちょうどよかったは

説明しよう:

マクロレンズっていうのはようするにモノが大きく撮れるかんじのレンズ。

花とか大きく撮るときに便利でなヤツ。

普通のレンズだと頑張って近寄ってもこのくらいの大きさでしか取れない2分の1野口英世が

なんかマクロレンズ買ったから梅の花とりにいった

マクロレンズだと

なんかマクロレンズ買ったから梅の花とりにいった

このくらい大きくとれる。

そんなかんじで花をでっかく取るのに向いてるヤツ。

そろそろ春で花の季節だしね

べつに、例のクローズアップレンズでもいいんだけど、あれはピントあわせにくいし合ったとしてもなんか微妙にぼやけた感じになっちゃうからねー。

で、行ったのは不老園とかいうところ

http://www.furouen.jp/

山梨県民じゃないとよくわからないだろうけど善光寺とか酒折駅の近く。

ういきぺでいあ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E8%80%81%E5%9C%92

なんかマクロレンズ買ったから梅の花とりにいった

駐車場からみたやつ

梅まつりとか書いてある。

なんかマクロレンズ買ったから梅の花とりにいった

このへんは多分金払わないでも見れる

入園料大人500円子供200円だけど

それにしてもなんで小学生までが子供で中学生からが大人なのかな。

どう転んでも俺は500円払わないといけないけど、高校生から大人のほうがなんか理に適ってるというかそんなかんじがする

電車もそうだけど

なんかマクロレンズ買ったから梅の花とりにいった

で、金はらって中に入る。こんだけたくさん梅があって500円ってやすくなくなくなくない?2月まではさらに割引してたみたいだしねー。

かなりの数あるのになー

なんかずっと寒かったから開花が遅れてるとかいう話

360度梅でよいよね。

なんかなぜか下の方にたぬきいるし

なんかマクロレンズ買ったから梅の花とりにいった

なんかゴツいカメラ持ってる人がちらほら居た。おれもだけど

なんかビデオカメラもきてたしテレビ局かね。おれ写ってるかもね

なんかマクロレンズ買ったから梅の花とりにいった
1 2 3次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。