体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

RWC、初音ミクのオリジナルコンテンツ満載の「初音ミク タブレットナビ starring 藤田咲」を発表!4月15日から発売開始


ボカロファン必須!?のタブレットが登場!
カーナビゲーション、オーディオ機器、PC周辺機器などの企画・製造・販売を行うアール・ダブリュー・シー(以下、RWC)は、OSにAndroid 4.0(開発コード名:Ice Cream Sandwich;ICS)を採用した初音ミク仕様のタブレット「初音ミク タブレットナビ starring 藤田咲」(以下、初音ミク タブレットナビ)を4月15日から発売する。アニメイト、ビックカメラ・ソフマップ、ファミマドットコムにおいて予約受付中、価格は39,800円。

初音ミク タブレットナビは、プラットフォームにAndroidを採用したタブレットで、ディスプレイは約7インチ(800×480ドット)のTFT液晶を搭載、本体サイズは約187mm(W)×124mm(H)×9.5mm(D)、重量330g、RAMは512MB、内部ストレージ(ROM)は8GB、外部メモリは32GBまでのmicroSDHCカードに対応する。

そのほか、200万画素のバックカメラ、30万画素のフロントカメラ、ミニHDMI端子(typeC/出力1080p)、3.5mmイヤホンジャック、USB端子、GPS、加速度センサー、FMトランスミッター、ワンセグ機能を搭載する。

130311_app

本体デザインに加え内蔵コンテンツにおいても初音ミク仕様となっており、ゼンリンのマップデータを利用したナビアプリでは、2種類の自車アイコンに加え、地図上を歩く初音ミクに藤田咲さんが新規に音声を当てたという音声案内が特長。

さらに、本体起動時の画面、ロック解除画面、ライブ壁紙などにも初音ミクを採用。ライブ壁紙は、購入後もアップデートして最終的に50種類のイラストが用意されるという。

130311_resize_image 130311_resize01_image 130311_resize03_image 130311_resize02_image

パッケージには、吸着式スタンド、ホールド用台座、スタンドカップ、シガー(DC)ケーブル、ACアダプター、イヤホン、USBケーブル、取扱説明書(本体内蔵)、クイックガイド(保証書付)が付属する。予約開始は3月9日(ミクの日)から開始されており、アニメイト、ビックカメラ・ソフマップ、ファミマドットコムのネット通販から予約することが可能。

RWCはこれまでに、ワンピースやエヴァンゲリオン、けいおん!などを採用した「キャラクターズナビ」を手がけており、さらに「X-RIDE」シリーズでは、昨年の9月からAndroidを採用したワンセグや防水に対応した「タブレットナビ」を販売している。

■主な仕様
製品名初音ミク タブレットナビ starring 藤田咲型番RM-AT700MKJAN4520827111056内蔵メモリ512MB(RAM) / 8GB(ROM)外部メモリmicroSDカード/microSDHCカード(32GBまで対応)無線LAN802.11b/g/nOSAndroid 4.0インターフェイスミニHDMI端子(typeC/出力1080p)
3.5mmイヤホンジャック
USB端子
microSDカードスロットディスプレイ7インチ タッチスクリーンデジタルTFT液晶(800×480ドット)GPS○自動方向センサー○ワンセグ○加速度センサー○グラフィックアクセラレーター○:3Dアクセラレーター音声入出力入力:内蔵マイク
出力:内蔵スピーカー/イヤホンカメラフロントカメラ:30万画素
バックカメラ:200万画素FMトランスミッター○仕様時間最大約4.5時間
※ナビゲーションを内蔵充電池で使用した場合。画面の明るさなどの設定により変動。充電時間約3時間
※ACアダプター充電時電源ACアダプター/シガーソケット/内蔵充電池サイズ(W)187mm×(H)124mm×(D)9.5mm(本体のみ)重量330g(本体のみ)付属品吸着式スタンド/ホールド用台座/スタンドカップ/シガー(DC)ケーブル/ACアダプター/イヤホン/USBケーブル/取扱説明書(本体内蔵)/クイックガイド(保証書付)
※仕様は発表時点のもので製品版では異なる場合があります。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。