体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファン待望の進化を遂げた『チョロQハイブリッド! リモコンタイプ』など発売へ

0231589_01

「チョロチョロ走るキュートなクルマ」をコンセプトにしたデフォルメミニカー『チョロQ』の誕生30周年を記念して、タカラトミーは同じボディ(車体)で“ゼンマイ”と“モーター”の2種類による走行を楽しめる『チョロQハイブリッド! ゼンマイタイプ』と『チョロQハイブリッド! リモコンタイプ』を10月24日より発売します。

『チョロQ』は1979年に『マメダッシュ』の名前で発売されて以来、本体を引いて手を離すと走る“プルバックゼンマイ”と独特のデフォルメデザインで、少年たちの心をとらえつづけてきました。大人から子どもまで幅広く人気を集めるロングラン玩具として、これまでに累計約3000車種、1億5000万個も販売されています。

新しい『チョロQハイブリッド!』は、ボディに互換性があり、シャーシ(車台)を取り替えて遊ぶことが可能。従来の“プルバックゼンマイ走行”が可能な『ゼンマイシャーシ(プルバックゼンマイ駆動シャーシ)』と、コントローラーを使用して前進後退・左右旋回の赤外線コントロール走行が可能な『リモコンシャーシ(モーター駆動シャーシ)』の2種類の動力による走行を楽しむことができます。

『リモコンシャーシ』では、約5分間の充電で約5分間の『リモコン走行』、3種類の赤外線バンドで3台まで同時に走行可能です。コントローラーのダッシュボタンを押すと『ハイスピード走行』によるウィリーやクイックターン、コインを装着してのウィリースピンなど、さまざまなアクションが楽しめます。

また、シャーシ裏面やコインホルダーに専用のアクションパーツを装着したり、タイヤ交換をすると、超高速スピン、片輪走行、横転スピンからの起き上がりなど、従来の『チョロQ』にはなかった華麗なパフォーマンスも体験できます。

30年前に『チョロQ』に夢中になっていた少年たちの夢や憧れをかなえるべく進化をとげた『チョロQハイブリッド!』で、親子二世代ともに大興奮してみてはいかがでしょうか。『チョロQハイブリッド! ゼンマイタイプ』(ボディ+ゼンマイシャーシ)は525円(税込み/第1弾3種類)、『チョロQハイブリッド! リモコンタイプ』(ボディ+リモコンシャーシ)は2100円(税込み/第1弾6種類)です。

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会