ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2013年03月11日~03月17日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2013年03月11日~03月17日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:水瓶座

周囲との状況や関係を調整しうまくリーダーシップをとることが今週の課題となりそう。面白いと思ったアイデアはどんどん採用していきましょう。ただしワンマンにならないよう注意が必要です。また引っ越しや模様替えなど環境を変えるのは先にしたほうが良さそう。

第2位:蟹座

今週は表舞台に立つよりも裏で人を支えることによって多くのものを得ることができるでしょう。その場その場で臨機応変な対処を求められるかもしれませんが慎重に状況を把握することで切り抜けられそうです。今週得た経験は将来進むべき道のヒントにもなるでしょう。

第3位:魚座

これまで進んできた道を振り返る時間を持ちましょう。そして本当に必要なものを見極め無駄と思われるものは思い切って捨てる覚悟を持ちましょう。今は新しい世界の扉を開くよりも過去を振り返ることが肝要。また乱れた生活は運気を下げる要因に。見直しを図って。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/297634 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:射手座
週の前半は運気が停滞気味。大きな決めごとや変動は運気が上昇する週の後半に回したほうが良いかもしれません。話し合いの不足は問題を深刻化させあなたを孤立化させることにつながりかねません。金銭運は好調。貯蓄や投資などについて調べてみるのも吉と出そう。

第5位:獅子座
家族や親友など気の置けない相手に対して八つ当たりまがいのことをしてしまうかもしれません。親しき仲にも礼儀は必要です。ストレスが溜まったら散歩に出るなどして環境を変えてみることが肝要。また興味を持ったことは恐れず積極的に挑戦して吉と出るでしょう。

第6位:双子座
週前半は周囲の状況を見ながら冷静な言動が求められるとき。不用意な発言は後のちまで尾を引くので慎重になったほうが良さそう。週の後半から運気は上昇。飛躍する機会がめぐってくるかもしれません。数少ないチャンスを見逃さないようにアンテナをはっておいて。

第7位:牡牛座
これまであなたを悩ませていた問題から解放される兆し。しかしだからといって浮かれるのではなく改めて自分の立ち位置を確認することが次のステップへの重要な布石となるでしょう。周囲の助力をあてにし過ぎずまずはあなたが力をつけることを目指すのが先決です。

第8位:乙女座
吉凶入り混じりの週となりそうです。あまり手広くいろんなことをやろうとするのではなく手の届く範囲で実績を積み重ねていくように心がけましょう。またその場限りの思いつきではなく先々のことも見越して計画を立てることを意識して。健康面にも注意が必要です。

第9位:山羊座
運気は低調気味。復調するまであまり派手なことはせずじっとやり過ごしたほうが良さそう。立場や年齢が上の人との相性が良い時期なので今のうちに助言をあおぐのも吉と出るでしょう。ただし同世代の人とは関係に溝が生じる恐れが。感情的にならないよう注意して。

第10位:天秤座
自分で自分の感情をうまく制御できずに苦労するかもしれません。しかし良くも悪くも今週は自分の行いが自分に返ってくるとき。それを踏まえて行動するように心がけましょう。また過ぎたことにいつまでもこだわるのは禁物。先に進むためには捨てることも必要です。

第11位:蠍座
今週は周囲との波長が合わずひとりで苦労や面倒を背負いこむような出来事が起こるかもしれません。だからといって周囲を恨んでも事態が進展するわけではありません。合理性を追求したりポジティブな方向に考えを持っていくようにするのが成功の鍵となるでしょう。

第12位:牡羊座
正当な評価が得られずモチベーションの維持が難しくなる週。無理に頑張ろうとするのではなく自分にできることを自分の手の届く範囲でやることを心がけましょう。ただしサボったりごまかしたりするとそのツケは後で自分に返ってくるので厳禁。無駄遣いにも注意を。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP