ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金本知憲の鉄人エピソードの裏話に、他の出演者は「感動を返せ!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2008年5月の阪神-巨人戦で、頭部にヘルメットが割れるほどのデッドボールを受けるも、退場することなく、次の打席ではホームランを放っている元阪神タイガース・金本知憲氏。彼の鉄人伝説では、有名なエピソードの一つだ。そんな金本氏が、TBS「ジョブチューン」(9日放送)に出演、当時の裏話を語っている。

「(ヘルメットは)中で割れていましたね」と切り出した金本氏は、「3年くらい前に頑丈なヘルメットに替えていたんですよ。だから、痛くなかったんです。(ベンチの)裏に行って、“全然大丈夫やな”って。行こうと思ったら、“(投げた投手は危険球で退場となるため)まだ次のピッチャーが用意していないから”って言われて、その間、5分か7分くらいあったんですけど、コーヒー2、3杯飲んでました」と明かす。

さらに、「グラウンドに出ると、巨人ファンまでも拍手してくれる。“そんな大したことやないのに”って。これ、大袈裟にしなきゃいけないのかなって、一塁上でこうやって(首をさする仕草を見せる)”」と続けた金本氏。次の打席で打ったホームランについても、「世間では怖がらず、腰を引かず、向かっていって踏み込んでフォークボールをホームランにしたってなってるんですけど、映像みたら思いっ切り腰引いてますよね」と語った。

すると、一連の話を聞いたケンドーコバヤシら、他の出演者たちは「感動を返せ!」と声を張り上げて抗議、当の金本氏は「言わなきゃよかったですね」と苦笑いを浮かべた。

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ今日のできごと話題のニュース

(http://news.livedoor.com/article/detail/7484388/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP