ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC Oneの開封映像が公開、製品箱のデザイン・形状が2012年モデルから変わる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドイツの方が数日中にも発売される見込みの「HTC One」の開封映像をYouTubeで公開していました。HTC Oneは、4.7インチフルHDディスプレイ、1.7GHz駆動のSnapdragon 600プロセッサ、約400万画素のUltraPixlesカメラ、フロントデュアルスピーカー等を搭載したHTCの新フラッグシップ。グローバルローンチは3月中旬と言われていますが、動画に映っているHTC Oneは製品版のようなので、現地では既に販売されているのかもしれません。2013年モデルということで製品箱の形状やデザインは2012年モデルとは別のものが採用されています。2012年モデルの箱はコンパクトサイズの2段式弁当箱のような感じのものでしたが、HTC Oneの箱は大きく平べったくなっています。同梱品は、HTC one本体、SIMカードトレイのイジェクトピン、ヘッドセット(urBeatsではないみたいですが、赤色のイヤーピースが使われています)、USBケーブル、電源アダプタ、種類といった感じ。Source : YouTube



(juggly.cn)記事関連リンク
スマートフォンにも対応した「Chameleon Launcher v2」のベータ版がKickstarter支援者や事前注文者向けに提供開始
NTTドコモ、Ascend HW-01E、ELUGA power P-07D、Optimus LIFE L-02Eをデビュー割・ご愛顧割の対象に追加、端末価格を大幅に値下げ
ランニング記録アプリ「Nike+ Running」がアップデート、ソーシャル機能や自己データ管理機能を強化

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP