体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サムスン製のスマートフォン「docomo NEXT series GALAXY Note II SC-02E」を仕事で使う 快適かつ便利にしてくれるアプリを紹介

Noteを体験せずしてGALAXYを語るべからず! 「docomo NEXT series GALAXY Note II SC-02E」を使ってさらに幸せになってみた』で紹介したように、タブレットでもないけどスマホでもないというちょうど、その中間に位置する「GALAXY Note II SC-02E」(以下、GALAXY Note II)を紹介した。

Sペンや5.5インチサイズの高解像度ディスプレイ(1280×720ドット)、おサイフケータイやワンセグ、そしてクアッドコアの高速CPU、と男女問わず文句なしにおススメできることを紹介した。文句なしのハードウェアと性能だが、これを使いこなせなければ、せっかくのハードがもったいない。

ということで、できるビジネスパーソンがGALAXY Note IIに入れておくべきアプリについて紹介しよう。この春から新社会人という方も是非チェックして欲しい。

■これだけはいれておきたいコミュニケーションツール
ITライフハックは、毎日記事を更新するために、編集部員それぞれが取材のためにあちこち飛び回るようなことが多い。全員が一堂に会すことは、定例ミーティングの時だけで、あとは外回り中心の人もいれば、ほぼ内部で作業だけしているような人もいる。

となると意思の疎通をどうしているか? ということになるが一度に複数の人とコミュニケーションを取るとなると電話というわけにはいかない。そこで必須と言えるのが「Skype」だ。SkypeはスマホでログインしていてもPCでログインしていても、両方でメッセージのやり取りが可能になっている。移動中の電車の中でもやり取りできるので連絡が取れないということがない。

サムスン製のスマートフォン「docomo NEXT series GALAXY Note II SC-02E」を仕事で使う 快適かつ便利にしてくれるアプリを紹介仕事用に便利なSkype
ほかにも入れておくべきコミュニケーションツールは、いまや知らない人はいないほどブームにすらなっているLINEだ。ちなみにLINEの利用目的は、完全にプライベート用にしておくことをおススメしたい。「Skypeは仕事用、LINEはプライベート用」と明確に使い分けることで生活上のメリハリが出てくる。

サムスン製のスマートフォン「docomo NEXT series GALAXY Note II SC-02E」を仕事で使う 快適かつ便利にしてくれるアプリを紹介プライベート用にしたいLINE
内容の良し悪しに関わらず仕事関係のメッセージをLINEで見ないようにすることのが大事だ。プライベートな会話の間に仕事のチャットなどが入ってしまうとモチベーションにも関係してくる。もちろん業務上、どうしてもLINEを使わないといけないといった場合もあるだろうが、ビジネス用途とプライベート用途を分けてうまく使う工夫は必要だろう。

■SNS関連はFacebookとTwitterは押さえておくべし
いまどきmixiなんて使っている人はほとんどいないと思うがTwitterクライアントやFacebookクライアントは、最低限インストールしておくのが基本だ。筆者もそうだがFacebook上のつながりは、ほとんど仕事関係という人が多いはず。

サムスン製のスマートフォン「docomo NEXT series GALAXY Note II SC-02E」を仕事で使う 快適かつ便利にしてくれるアプリを紹介Facebookの公式アプリ
実際、同業他社の人が多く、これが仕事上での情報交換に利用できるのだ。また、Facebook上で質問を投げると、たいてい誰かが正解を答えくれるというメリットもある。

また、「Samsung Mobile Japan」の公式Facebookページでサムスン製品など最新情報のチェックや、当ブログメディア「ITライフハック」の公式Facebookページでも記事更新をチェックできるなど、情報を収集するツールとしてもFacebookは心強い見方になってくれる。

サムスン製のスマートフォン「docomo NEXT series GALAXY Note II SC-02E」を仕事で使う 快適かつ便利にしてくれるアプリを紹介TwitterクライアントのJanetter
Twitterに関しては、時事的なニュースネタやリアルタイムに近い情報収集が行えるのでぜひともインストールしておこう。特定の@リストが作成できる「Janetter」などがおススメだ。

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。