ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「抱き枕カバー化計画投票大会」で1位になった鬼作のカバーイラストがサプライズ公開! セクシーな鬼作……

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


先日ガジェット通信でも紹介したOVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)メーカー『ピンクパイナップル』の抱く枕カバー化・大投票大会。この投票で1位になったキャラクターは実際に抱き枕カバーとして発売されることが約束されている。投票は2月1日から2月28日まで行われ、3月8日の23時に生放送(ニコニコ生放送)された『【ピンクパイナップル】ピンパイEX』にて結果が発表となった。

もちろん堂々の1位は相変わらずの鬼作である。鬼作とはエルフの人気ゲーム『鬼作』の主人公、伊頭鬼作。独特な蛭田流のセリフと主人公がおやじという斬新な設定から10万本を売り上げた前作『臭作』の続編になる。伊頭家は3兄弟なのだが、初代の『遺作』は別ゲームのアドベンチャーゲームとなっている。そんな末っ子の『鬼作』は首に黄色いタオル、ジャージ姿、無精髭というおやじである。普段は「~でございましょうか」という口調で生徒に接するが、女生徒の弱みを握ってゲームを展開するというもの。

そんな自称「気さくな鬼作さん」が抱き枕カバーで1位になってしまったから大変。言い出しっぺのピンクパイナップルはこのおやじを商品化しなければいけないのである。

番組内では一般の方からのお便りのアイデアを元に作った「両手を広げて下衆(げす)な顔をしている」という横向きの抱き枕カバーのイラストをサプライズ公開。この抱き枕カバーにほかの女の子の抱き枕カバーを乗せれば寝取られてる感が得られるという。そんな今までに無かった発想の抱き枕カバーのイラストが公開となった。

しかしこれだけではなく、通常の縦向きバージョンも公開。なんと鬼作が黄色いタオル1枚でセクシーに寝ているバージョンのイラストも公開された。誰が得するのかわからない発想ではあるが、アンケートでは最終的に過半数(約53%)欲しいという結果になった。

今回のイラストは仮の物であるが、実際に出来上がった商品も近い内に公開されるようだ。商品化が今から楽しみである。また特別に5位までに入ったキャラクターも商品化されるとか。やっぱり鬼作だけの抱き枕カバー化は厳しかったか?

関連記事:抱き枕カバー化計画投票大会! 1位になったキャラクターを実際にグッズ化→「1位は鬼作」

※画像はニコニコ生放送および、ピンクパイナップル投票サイトより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP