ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S IVは”Green PHOLED”ディスプレイと非接触タッチ機能を搭載するという噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

発表まで1週間を切ったSamsungの次期フラッグシップ「Galaxy S IV」に搭載されているディスプレイに関する新情報をSamMobileが伝えています。Galaxy S IVのディスプレイは、当初、約5インチ1,920×1,080ピクセルのAMOLEDディスプレイが搭載されると伝えられてきましたが、最近になってAMOLEDディスプレイではなく液晶ディスプレイが搭載されるという噂が伝えられていました。同サイトによると、Galaxy S IVのディスプレイは当初の予想通りAMOLEDディスプレイで、ディスプレイモジュールに”Green PHOLED”と呼ばれる新タイプのものが採用されているそうです。これの詳細は不明ですが、従来のAMOLEDディスプレイから25%ほど電力効率が向上し、従来のGalaxy Sスマートフォンよりもバッテリーの消費電力は低下すると言われています。解像度はフルHDとされています。また、伝えられるのは今回が初めてではありませんが、Galaxy S IVには、Sony MobileのXperia solaに見られる”Floating Touch”のような非接触タッチ機能が搭載されているそうです。これは指を画面から浮かせた状態で本体を操作できる機能で、普通の手袋でも着用したまま操作することも可能と言われています。Source : SamMobile



(juggly.cn)記事関連リンク
HTCの新Facebook Phone”MYST_UL”に関する新情報、MSM8960 1.5GHzプロセッサを搭載、今春にも登場する見込み
ASUS Japan、Padfone 2購入者全員にデータ通信用SIMカードをプレゼントするキャンペーンを期間限定で実施
SamsungとApple、今年の新フラッグシップスマートフォンにワイヤレス充電機能を追加?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP