体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Windows 8搭載タブレット「Dell Latitude 10」と同時に購入した専用ケース、Bluetooth対応のキーボードやマウスなどの周辺機器を使ってみた【レビュー】


Windows 8の10インチタブレット「Dell Latitude 10」
マイクロソフトの新OS「Windows 8」を搭載したデル製のタブレット「Dell Latitude 10」(以下、Latitude 10)は、今年1月から個人向けにも販売が開始されました。

前回は開封レポートをお届けしましたが、今回はケースやクレードルといった周辺機器を紹介します。

Latitude 10をオンラインで注文する際、合わせて各種周辺機器を購入することができます。今回はDell純正の周辺機器として、「本体ケース(フォリオケース)」と「クレードル(ドッキングステーション)」を、マイクロソフト製の「Wedge Mobile Keyboard」と「 Wedge Touch Mouse」を同時に購入しました。実際にLatitude 10とともに利用していますが、これらの周辺機器を紹介していきます。

■本体ケース(フォリオケース)

Dell_Latitude10レビュー2_01 Dell_Latitude10レビュー2_02 Dell_Latitude10レビュー2_03

本記事執筆時点(2013年2月)で唯一と思われるLatitude 10用のケースです。もちろんメーカー純正。機構はシンプルで、iPadのスマートケースのように、本体をはめ込み、蓋を覆いかぶせる形です。ゴム足の摩擦により写真のように本体を立てることが可能です。

Dell_Latitude10レビュー2_05

蓋部分にはナイロン生地のペン挿しがあります。タッチペンなどをココに挿してケースとともに保管できます。

Dell_Latitude10レビュー2_04

非常に使い勝手はいいのですが、見た目に反して重量は約280gと、結構あります。前回紹介した実測値約695gの本体と合わせると約980gとほぼ1kgになってしまいます。これは、第4世代iPad+Smartカバーの約811gと比べるとかなり重く感じます。

■クレードル(ドッキングステーション)

Dell_Latitude10レビュー2_06

Latitude 10を使う際に必ず押さえておきたいオプション品の一つが、このクレードルです。拡張性が一気に向上します。本体に添付のものと同じACアダプタも付属しています。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。