ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

椎名林檎、WOWOW特番「坂東玉三郎の宇宙」のナレーションを担当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

WOWOWライブで3月16日に放送される特別番組「坂東玉三郎の宇宙」のナレーションを、椎名林檎が担当していることがあきらかとなった。

「坂東玉三郎の宇宙」は、昨年に歌舞伎女形として人間国宝に認定された坂東玉三郎の舞踏の魅力を、〈PART1〉と〈PART2〉に分けて紹介する番組。〈PART1〉では91年に大阪フェスティバルホールで上演された舞踊公演から、歌舞伎女形舞踊の大曲〈京鹿子娘道成寺〉と、彼の代表的な舞踊のひとつ〈楊貴妃〉を、当事開発されたばかりのハイヴィジョンカメラで撮影した貴重な映像で紹介。〈PART2〉は2012年11月に香川・旧金毘羅大芝居(金丸座)で行われた公演より、舞踏家の武原はんから受け継いだ地唄舞〈雪〉、14歳から舞い続けているという〈鐘ヶ岬〉、芸術監督を務める鼓童との共演による〈いぶき〉の映像で構成される。

椎名はこの〈PART1〉と〈PART2〉の両方で、坂東玉三郎の軌跡を紹介するVTRの語りを担当。中村勘三郎のコクーン歌舞伎〈三人吉三〉のために“玉手箱”という楽曲を提供するなど、かねてより歌舞伎のファンとして知られている彼女だけに、まさに適役と言えそうだ。「坂東玉三郎の宇宙」の〈PART1〉は3月16日16:00から17:45、〈PART2〉は同日17:45から19:45までオンエア。4月2日に再放送も予定されているので、視聴環境にある人はぜひチェックしよう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP