ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京で最も古いブリティッシュパブがデヴィッド・ボウイのコラボカフェに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

※地図などの詳しい情報はこちらから

約10年ぶりにリリースとなるデヴィッド・ボウイのニューアルバム『THE NEXT DAY』を記念して、東京で最も古いブリティッシュパブ『カーディナル』が、トリビュートイベントを開催する。

2013年3月9日(土)~24日(日)という期間限定ではあるが、彼の世界観を堪能できるコラボカフェとなり、店内ではニューアルバムの収録曲をはじめ、これまでの楽曲をプレイ。また、デヴィッド・ボウイからインスパイアされた限定メニューとして、『チャイナガール』(1,000円)といったカクテルや、本人が大好きな料理『シェパーズパイ』(小サイズのギネス1杯がついて1,100円)などを楽しめる。フードメニューは、11時30分~14時30分、17時00分~翌4時00分の提供となる。

そしてニューアルバム『THE NEXT DAY』は、同店が入るソニービル2階のショールームで、“ウォークマン”で視聴できる(11時00分~19時00分まで)。

『David Bowie Cafe』(デヴィッド・ボウイ カフェ)

日程:3月9日(土)~24日(日)
時間:11時00分~翌4時00分
場所:パブ カーディナル銀座店 [リンク]

 

 

●この記事は、東京のイベント・お店情報サイト『タイムアウト東京』が執筆しました。

・そのほか、東京のイベント情報はこちら
http://goo.gl/INuGZ [リンク]

・毎日更新、『タイムアウト東京』のフェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/timeoutjp [リンク]

タイムアウト東京の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP