ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インド Lava初のクアッドコアスマートフォン「Xolo Q800」が近く現地で発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドの端末メーカー Lavaが、同社初のクアッドコアプロセッサ搭載スマートフォン「Xolo Q800」を開発している模様です。インドの通販ショップ Flipkartで商品情報が公開されていました。Q800は4.5インチqHD解像度のIPS液晶とMediaTekのMT6589 1.2GHzプロセッサ(Cortex-A7)を搭載したAndroid 4.1スマートフォンで、商品ページに価格は掲載されていませんが、Lavaの既存モデルは高くても13999ルピーなので、今回のQ800はそれ以下と予想されます。発売時期は”Coming Soon”となっており不明です。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は4GB、Micro SDカードも利用可能です。カメラは背面に800万画素裏面照射型CMOS、前面に120万画素CMOSを搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM/WCDMA、HSPA+ 21Mbpsに対応します。Q800はシングルSIM仕様です。バッテリー容量は2,100mAh。本体サイズは135.5mm×67mm×9.6mm。Source : Flipkart



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.1.2版Galaxy S IIIにもロック画面のプライバシー問題につながる欠陥が見つかる
Lenovo、5.3インチディスプレイとMT6589プロセッサを搭載したAndroid 4.2スマートフォン「S920」を開発中、試作機の写真も公開
Android向けホームアプリ「Action Launcher Pro」がGoogle Play1周年記念セールで50%OFF

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP