体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

個人向けにも販売を開始したWindows 8搭載タブレット「Dell Latitude 10」を購入したので開封てみた【レビュー】


Windows 8の10インチタブレット「Dell Latitude 10」
マイクロソフトの新OS「Windows 8」の発売とともに注目され始めたWindows 8搭載のタブレットですが、筆者もようやくいくつかのモデルを入手し、実際に使い始めました。

今回は重さ約658g、Clover Trail搭載の10.1インチサイズのWindows 8を採用したデル製のタブレット「Dell Latitude 10」(以下、Latitude 10)を紹介します。

■主なスペックと特長
Latitude 10は、従来ビジネス向けモデルとして販売されていましたが、今年1月に個人向けにも発売が開始されたタブレットです。まずは、基本スペックと特長を見ていきます。

プロセッサインテル バーストテクノロジー対応インテル Atomプロセッサ Z2760 1.8GHz、1.5GHz HFM、600MHz LFMOSWindows 8 32ビットメモリ2GB DDR2 SDRAM(800MHz)内蔵フラッシュストレージ64GBディスプレイIPS方式パネル10.1型液晶ディスプレイ(光沢)、
1,366×768ドット、5点タッチ対応グラフィックスインテル グラフィックスメディアアクセラレーター(533MHz)ネットワークIEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0+LEポート/スロット/インターフェイスUSB 2.0×1、マイクロ USB 充電用ポート、
ドックコネクタ、720p の前面 HD ビデオ Web カメラおよび 8.0MP 背面カメラを内蔵
SDカードスロット、ステレオヘッドフォン / マイクコンボジャック、ミニ HDMIプロダクティビティドック(ドックステーション)Gigabit Ethernet、USB 2.0×4、HDMI出力サイズ/重量274×176.6×10.5mm(幅×奥行き×高さ)/約658gバッテリ2セルバッテリ(30Wh)直販価格54,980円
同様のWindows 8タブレットが出てくる中で、スペック的には平凡かとも思われるLatitude 10 ですが、他のタブレットと比較して以下のような特徴を備えています。

●バッテリが着脱可能、必要に応じて4セルの大容量バッテリの装着が可能
●microUSBではなく、フルサイズのUSBポートがある(本機についているmicroUSBポートは充電用)

ちなみに下位モデルとなる「Essentialsモデル」はバッテリ交換不可、充電用のmicroUSBなどは省略されています。

では、実際のところはどうだったのか、早速レビューしたいと思います。

■まずは開封

Dell_Latitude10レビュー1_01

パッケージの中身は極めてシンプル、本体とACアダプタのみです。ACアダプタはノートPC用としては比較的コンパクトですが、それほど小型軽量というわけではありません。タブレット端末用のアダプタとしては巨大であるといってもいいと思います。

コネクタは独自、コンセント側のケーブルはミッキー型でかつ太いので、よけいに取り回しが悪いです。

Dell_Latitude10レビュー1_02 Dell_Latitude10レビュー1_03

本体の質感はまずまずです。シボ加工やラバー調の加工がなされているわけではないのですが、特にがたつき等なく、加工精度は高く感じます。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。