ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Lenovo、5.3インチディスプレイとMT6589プロセッサを搭載したAndroid 4.2スマートフォン「S920」を開発中、試作機の写真も公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LenovoがLePhone/IdeaPhone Sシリーズの新機種としてクアッドコアプロセッサを搭載した「S920」を開発しているという情報が中国メディアのMyDriversで伝えられています。記事ではS920とされるLenovo端末の写真も公開されています。IdeaPhone/IdeaPhone Sシリーズはデザイン性を重視したミッドレンジクラスの製品群で、この中でクアッドコアモデルが登場するのは今回のS920が初めてになります。同サイトによると、S920は5.3インチの大型ディスプレイ、MediaTekのMT6589クアッドコアプロセッサ、2,250mAhのバッテリーを搭載し、Android 4.2.1をベースにLenovoがカスタマイズを加えたソフトウェアを搭載するとのことです。中国仕様ですね。Source : MyDrivers



(juggly.cn)記事関連リンク
Android向けホームアプリ「Action Launcher Pro」がGoogle Play1周年記念セールで50%OFF
Android版「LINE」がv3.6.0にアップデート、LINEキャラクターが絵文字として利用可能になるなど様々な新機能が追加
Facebookがニュースフィードのデザイン刷新を発表、数種間かけて展開へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。