体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【モゲラプロジェクト】Flashゲームクリエーターインタビュー powered by 0stage 第7回:ババラ(前編)

ババラ ドメインは『ウチューウォーズ』の公開用に取ったんですよ。

星野 『ウチューウォーズ』のトップ画像とかもババラさんなんですか?

ババラ トップ画像は知り合いのマンガ家さんに描いてもらったんですよ。
ゲーム中の絵は自分で描いてます。
試作してみてゲームっぽいのができて、『ウチューウォーズ』がいけそうな感じだったんで。
せっかくだからドメイン取ろうってなって今に至る。

■「ババラジオ」と読むのが正解
星野 サイト名の『BABARAGEO』はなんと読むのが正解ですか?

ババラ 「ババラジオ」です。なんで「ジオ」かっていうと、ただ単に最初『ジオシティーズ』に置いていたからで(笑)。
『ジオシティーズ』ができて無料のサーバスペースが使えるっていうんで、じゃあ使ってみるかってなったときに、『ジオシティーズ』のババラのサイトだから『BABARAGEO』だろうって。
だから「ゲオ」じゃないです(笑) 。

星野 僕も結構「ゲオ」読みしてましたね(笑) 。

ババラ 『ジオシティーズ』の「ジオ」。
NEO-GEO』の「GEO」。

星野 『NEO-GEO』は関係ないですよね。

ババラ 関係ないです(笑) 。

星野 『BABARAGEO』のサイトがいつからあるんだろうと思って、『Internet Archive』で調べてみたら、babarageo.com としては2004年からあるみたいですね。

ババラ ドメインを取ったのがその年だと思います。
『ジオシティーズ』の後に『Linkclub』っていう、Macの雑誌によく広告が載ってたレンタルサーバを借りていて、それは多分1999年くらいから。

星野 うわー、『ジオシティーズ』のサービスってそんな前からあるんでしたっけ。

ババラ 『ジオシティーズ』は1997年くらいですね。

星野 babarageo.com での公開当初のアーカイブを見たら、『わんわんキャノン』が『Ynot Flash Lite AWARD 2003 for 505iシリーズ』(関連記事)でゲーム部門賞を取りましたっていう話しが載ってて。

ババラ じゃあ、わりともうFlash使いまくるようになってからドメイン取ったんですね。
Flash Lite がドコモの携帯で使えるようになったのがそのころで、Flash Lite で携帯はいけるんじゃないかっていうんで創ったのが『わんわんキャノン』だったんです。
ですが、Flash Lite があまりにもひどい仕様だったんで、一個だけ創ってやめちゃいました。

■Flash Liteには苦戦も
星野
衝撃の仕様でしたよね(笑) 。

前のページ 1 2 3 4次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会