ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

首都直下型地震 最悪シナリオで死者1万人超・避難者700万人

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 地震は「プレート型地震」と「直下型地震」の大きく2つに分類される。地球を覆うプレートとプレートがぶつかる境界面で生じる「プレート型地震」は地震の規模を示すマグニチュード(M)が大きく、震源が沖合のことが多いため津波が発生する危険性が高い。

 一方、プレート内部のひずみから生じるのが「直下型地震」だ。プレート型よりマグニチュードは小さくなるが震源域が陸上であるため、被害が甚大になることが多い。

 そして3.11以降、最も危険が叫ばれるのが、首都圏を震源とする直下型地震「首都直下型地震」だ。昨年1月に東京大学地震研究所の研究チームが「M7級の首都直下型地震が今後4年以内に約70%の確率で発生する」と警告したことで、さらに関心は高まっている。

 政府は現在、震源地が異なる18タイプの首都直下型地震を想定している。なかでも、被害が大きいとされるのが東京ディズニーリゾート付近の荒川河口を震源域とする想定M7.3、最大震度6強の「東京湾北部地震」だ。

 国の中央防災会議は最悪のシナリオとして、秒速15mの強い風が吹く冬の午後6時に発生した場合の被害を想定。それによると、地震の被害は都県を越えて広い範囲にわたり、荒川沿いを中心に多くの建物が倒壊。また古い住宅街に密集する木造建物が猛火に包まれるという。倒壊・火災合わせて85万棟が壊滅、死者約1万1000人、負傷者21万人と予想され、約700万人が避難し、うち約460万人が避難所生活を送ることになるという。

 しかも最新の調査によって、昨年、想定震度は6強から7に引き上げられた。わずか1段階の違いと侮ることはできない。武蔵野学院大学の島村英紀特任教授(地震学)は「地震の脅威は格段に増した」と指摘する。

「震度6強から7になると、建物の全壊率が3~4倍も上がります。東京湾北部地震の被害予想を震度7で新たに試算すると、建物の全壊は震度6強の倍の30万棟に及び、1万人以上の人が倒壊した建物に挟まれて即死すると考えられます。火災の被害も少なくとも倍以上になるでしょう」

 何とも恐ろしい話だが、3.11後、直下型地震の切迫度は増す一方だという。

「東日本大震災を発生させたプレートのゆがみが現在も周囲にじわじわと広がっています。しかも首都圏は東側に太平洋プレート、西側にフィリピン海プレートがあり、ゆがみの逃げ場がない。蓄積されたエネルギーを解消するため、直下型地震が起きやすい状況が続いています」(前出・島村特任教授)

※女性セブン2013年3月21日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1年間で震度5弱以上の地震が70回発生 福島では26回も
首都直下型地震「M7クラスいつ起きても不思議ない」と研究者
震度7の首都直下型地震 建物30万棟倒壊で1万人以上即死も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP