ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Surface RT発売 Windows RTとWindows 8の違いをおさらい【デジ通】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日紹介したようにマイクロソフトのタブレット端末「Surface RT」が日本でも発売される。この製品はWindows RTを搭載している。そして、このWindows RTは従来のWindows 7やWindows 8とは、まったく異なるOSなのである。

一見するとWindows 8と同じ操作性になっているし、そもそも“Windows”という名前がついている。ハードウェアもタブレットPCにしか見えない製品で動作している。

同じものだと勘違いしがちだが、実際には使える、というより動作するソフトがWindows 8とは異なる。そこでWindows RTとWindows 8の違いについて紹介しよう。
パソコンにある程度詳しい人にはあたりまえのことだが、アプリケーションというものは動作対象のOSでしか動かない。例えば、MacではWindowsのソフトは動かないし、iPhoneではMacのソフトは動かない。

だがWindowsはXP、Vista、7、8などとバージョンアップを繰り返しており、その上下関係では、基本的に以前のバージョンと互換性があり、多くのソフトは新しいWindows上でも動作させることができる。

■残念ながら過去のWindows向けアプリはWindows RTでは動作しない
先述したようにWindows RTはWindows 8と同じ“Windows”という名称が付いていて見た目も同じだ。ハードウェアを見る限りパソコン上で動作しているように見える。にもかかわらず過去のWindowsとは互換性がないのである。これは、ハードウェアのアーキテクチャ(構造)が異なるからだ。

Windows XPから8までは、インテルやAMDのCPUで動く命令「x86」という命令を組み合わせてWindowsが構成されている。これに対してWindows RTはスマートフォンやタブレット用に開発されているARMというCPUアーキテクチャ上で動作する命令によって構成されている。

見た目は同じWindowsの画面だがx86とARMは、CPUの構造が全く異なっている。x86向けに作られたアプリケーションはWindows RT上では動作しないし、Windows RT向けに作られたアプリケーションはWindows 8では動作できない。

今までWindows XPやWindows 7で使用していたツールや、Windows RTが登場する前から提供されてきた多くのWindows用ソフトはWindows RTでは動作しないと考えていい。

Windows RTで動作するソフトは、Windows RT端末から利用するWindows ストアで購入しインストールする。
どのソフトが動作するかは、Windows RT端末を購入する前にチェックしておく必要がある。

■Officeはマクロなどが使えない
Windows RTの特徴はマイクロソフトのOfficeが使えるという点だ。WordやExcelなどの使い慣れたソフトが基本的にそのまま動作する。これはWindows RTに向けて開発されたソフトで、Windows 8などに提供されているOfficeとは異なる。

このため、基本的な機能はそのまま使える物の、マクロなど一部機能が使えない。このため、Excelなどでマクロなどを多用し、複雑な計算をするワークシートはWindows RT版のExcelでは従来のようには使えないといった点に注意するようにしたい。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ今日のできごと話題のニュース

外部サイト

日本占領関係の貴重な資料を「国立国会図書館デジタル化資料」に追加
iBookstore開始、ライバルに遅れて参入してきたアップルに勝機はあるか?
奇跡の一本松の写真も展示!「陸前高田展2013」~今日まで、そして未来へ~を開催へ

(http://news.livedoor.com/article/detail/7476502/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP