ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2013年1月の米国スマートフォン市場、OS別シェアでAndroidはシェアを落としながらもトップをキープ(ComScore調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ネット調査会社の米ComScoreは現地時間3月7日、2013年1月末までの3か月間に渡って米国の携帯電話契約者30,000人以上を対象に実施した調査結果に基づく米国スマートフォン市場の動向を発表しました。調査結果によると、2012年1月末時点で米国のスマートフォン所有者数は2012年10月末時点から7%増の1億2940万人。スマートフォン率は55%だったそうです。スマートフォン率も増加しています。OS別シェアでは、トップは今回もAndroid(52.3%)でしたが、2012年10月末時点の調査結果から1.3%シェアを落としています。2位はiPhone(37.8%)で、Androidとは対照的にシェアを伸ばしています。3位はBlackBerry(5.9%)、4位はWindows系(3.1%)。5位はSymbian(0.6%)でした。メーカー別シェアでは、トップは今回もApple(37.8%)、2位はSamsung(21.4%)、3位はHTC(9.7%)、4位はMotorola(8.6%)、5位はLG(7.0%)と順位は前回と同じでした。Apple、Samsung、LGがシェアを伸ばし、それ以外はシェアを落としました。Source : ComScore



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「Xperia Tablet Z SO-03E」の予約受付を3月9日により実施、発売予定日は3月22日
イーモバイル初のLTE対応スマートフォン「STREAM X GL07S」が本日発売、ソフトバンクWi-Fiスポットにも対応
KDDI、「HTC J Butterfly HTL21」にソフトウェアアップデートを配信開始、Eメールアプリの機能を改善

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP