ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleストリートビューのライブ版! 街の様子を生中継する「Koozoo」が一般公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在いる場所から離れた場所の今の様子はどうだろうかと思うことはあるだろう。例えば、お気に入りのレストランや映画館の前に列ができていないか。あるいは単に街行く人の服装はどうか、傘をさしてはいないかと気にすることもあるかもしれない。そうした街の“今の様子”を映像で見ることができるのが「Koozoo」だ。米サンフランシスコに拠点を置くこのスタートアップがこのほどスマートフォン を使った映像のライブ配信サービスを始めた。

離れた場所をネットでチェックするにはGoogleストリートビューのサービスもある。しかし、それは所詮、過去のワンシーンにすぎない。Koozooは今現在の街の様子を映像で見ることができる。

アプリをダウンロードすると、映像が配信されている地点がマップに表示され、気になるところをタップするだけでその場所の映像を視聴することができる。もし使わなくなったiPhoneを持っているなら、配信元にすることもできる。iPhoneを吸盤付きカメラマウントに取り付けて窓などにセッティングしてから撮影開始ボタンを押すとストリーミング配信が始まり、その映像は他のユーザーも視聴することができるようになる。

昨年からサンフランシスコでプライベートベータ版を展開していたKoozooの最終目的は、ライブストリーミングのネットワークを世界レベルで築くこと。どれだけ多くの配信元を得られるかが今後の展開の鍵を握ることになりそうだ。

アプリのダウンロードは無料。

Koozoo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP