ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、IGZO搭載Androidスマートフォン「AQUOS PHONE Xx 203SH」を3月8日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは3月6日、SoftBankスマートフォン2013年春モデルの新機種「AQUOS PHONE Xx 203SH」の販売を3月8日(金)より行うと発表しました。AQUOS PHONE Xx 203SHは、4.9インチ1,280×720ピクセルのIGZOディスプレイとQualcommのクアッドコアプロセッサ「Snapdragon S4 APQ8064」を搭載した大型・ハイスペックモデル。昨年7月より行われている900MHz帯の電波を使った携帯サービスや、AXGP方式を採用した下り最大76Mbpsのデータ通信サービス「SoftBank 4G」に対応します。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)で、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信、防水・防塵などの国内定番機能に加え、近距離無線通信の国際規格であるNFC(Type-A/B)にも対応します。RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は32GB、Micro SDカードも利用可能です(最大64GB)。カメラは背面に1,630万画素裏面照射型CMOS(光学手ブレ補正機能付)、前面に120万画素CMOSを搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、DLNA(DTCP-IP対応)、NFC(FeliCa、Type-A/B)、赤外線通信(IrDA)に対応。対象周波数はGSM(900/1800/1900MHz)、WCDMA(900/1500/2100MHz)、AXGP 2,500MHzとなっています。バッテリー容量は2,200mAh。本体サイズは137mm×69mm×10.9mm、質量は146g。カラバリはアーバンブラック、ホワイト、ブルー、レッドの4色。なお、発売日から2013年3月31日までの期間限定で、203SHを購入して応募した方を対象に、先着10,000名に「クリップディスプレイ」をプレゼントするキャンペーンが実施されます。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Google Playのオープン1周年記念セールが期間限定で実施中
HTCがUltraPixelsカメラやBlinkFeedといったSense 5の機能を他の機種にも搭載する意向を示す
世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2013年2月)、ICSとJelly Beanのシェア合計がGingerbreadのシェアを抜く

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP