ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2013年2月)、ICSとJelly Beanのシェア合計がGingerbreadのシェアを抜く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2013年3月4日までの14日におけるAndroidのバージョン別シェアとその時間的変化を示したグラフがAndroid Developersサイトで公開されました。シェアのバージョン別順位は、1位はGingerbread(44.2%)、2位はICS(28.6%)、3位はJelly Bean(16.5%)、4位はFroyo(7.6%)、5位はEclair(1.9%)、6位はHoneycomb(1.2%)、7位はDonut(0.2%)、8位はCupcake(データ無し)という結果でした。スマートフォン向けOSのingerbreadのシェアはここ数か月間下がっていますが、依然としてトップをキープしています。しかし、Android最新版のJelly Beanのシェアが増えており、スマートフォン・タブレットの両方で利用可能なICSと合算するとシャアは45.1%になり、Gingerbreadを抜きます。今後数か月間のうちに発表される新機種のほとんどはJelly Beanを採用することが予想され、また、Android新バージョンの発表が行われていないことから、この流れは来月以降も当面の間続くと予想されます。次の図は、月ごとのシェアの推移を示します。Source : Android Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
「Chrome for Android Beta」がv26にアップデート、パスワード・オートフィルデータの同期が可能に
Xperia Z/ZL用のCyanogemMod 10.1(FXPビルド)の提供が開始
Galaxy S IV用のスマートフォンケースの写真が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP