体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ディスプレイがくるっと回転してタブレットに! Dell「XPS 12」【この冬欲しいWindows8搭載コンバーチブルノート】

昨年(2012年)は。AppleからiPad miniやGoogleからNexus7など、7インチクラスの端末が発売され、本格的なタブレット端末時代の幕が開いた年だといえる。

そんななか、2012年10月26日、Microsoftより発売された新OS「Windows 8」は従来のマウスとキーボードで操作するデスクトップモードのほかに、iPadやAndroid搭載タブレットのように画面に直接タッチして操作できるタイルデザインの新しいインターフェイスが採用されており、それが大きな特長となっている。

タッチ操作ができる新OS「Windows 8」の特長を活かして、ノートPCスタイルとしても、タブレットスタイルとしても利用ができるコンバーチブルマシンの発表がPCメーカー各社から相次いでいる。

そこで、当ブログメディアITライフハックでは、Windows 8搭載コンバーチブルマシンが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいWindows 8マシン選びを探ってみたい。

是非、後悔しないWindows8搭載コンバーチブルマシン選びの参考にしていただきたい。

今回は、Dellから発売された液晶部分をくるっと回転させてタブレットに変身するUltrabookコンバーチブルマシン「XPS 12」を紹介しよう。

■液晶がクルっと回転!すばやいPCとタブレットモードの切り替え
XPS 12は、その名前が示す通り12.5インチの液晶(マルチタッチ対応)を搭載するコンバーチブル型Ultrabookだ。液晶部分を回転させるギミックは各社それぞれに異なっているが、XPS 12のタブレットモードへの切り替えギミックは「目からウロコ」である。液晶のワク部分を残して、くるりと回転するという手品のような仕組みになっているのである。

一見すると単純な仕組みに見えるが、実はとんでもない技術なのだ。液晶ディスプレイには、液晶パネル本体と液晶を明るく見やすくするためのバックライト用LEDが備わっており、それらには電源が必要となる。液晶が開閉する通常のノートPCでは、バッテリーが内蔵されている本体と液晶は、液晶部の動きにも対応できるフレキシブルコードで接続され、電源が供給されようになっている。しかし、液晶が回転する機構の場合、コードが邪魔になるので、通常とは異なる方法で本体と液晶を接続して電源を供給する必要がある。

また、何度も回転させてるとコードが断裂してしまう心配もでてくるが、XPS 12では、その辺も抜かりなく仕上げている。液晶が回転する方向は一方通行に制限されており、コードが回転によってねじれてしまうという事態は避けることができるのだ。

液晶の回転操作だが、回転方向に指で少し押すだけで回転させることが可能だ。回転させた状態で液晶を閉じるだけでタブレットに早変わりする。

130125_dell_win8_02

12.5インチでフルHD液晶を搭載。タブレットとしても快適に使える

130125_dell_win8_03

液晶部分がくるっと回転するギミックはこの機種だけの特徴だ

130125_dell_win8_04

ノートPCスタイルの正面は、一見すると普通のUltrabook

■ノートPCとしての使い勝手も申し分なし
一見すると普通のUltrabookにしか見えないデザインだが、この外観から、ディスプレイがクルッと回転するアクションを見た人からは、「おっ、何それ?」という声がかかること間違いないだろう。事実、何人もが、目の前で同じリアクションをしている。

ギミックや見た目は魅力的だが、肝心の性能面はどうなのか? 気になるところだが、スペックや基本機能は、ほかUltrabookと遜色なく、しっかりしているのでまったく問題はない。最薄部が15ミリ、最も厚い部分でも20ミリとUltrabookとして十分ふさわしい内容に仕上がっている。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。