ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

遠藤保仁、J2での戦いに「覚悟しています」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

チーム創設以来初のJ2開幕戦を迎えたガンバ大阪は、京都サンガを相手に3-3のドローという不本意なスタートだった。

長谷川健太新監督のもと、今季からキャプテンを務める遠藤保仁は、Jリーグを代表するクラブのJ2降格をどのように感じているのか――。3日深夜放送、テレビ朝日「やべっちFC」は、遠藤に行った単独インタビューの模様を放送した。

昨シーズンの戦いを振り返り、「もともと、勝って当たり前って言われているチームだったので、あれだけ負けが続くと自信を失ったりだとか、メンタルの部分で一番崩れてしまったっていうのはあります」と語った遠藤は、改めて「ああいう結果になったのは、自分たちの責任。自分たちに力がなかった」と戒めた。

クラブのJ2降格について、メンバーとは「何か特別な話をしたっていうのは、なかったですね」と語った遠藤は、「一人一人の選手の意見を尊重して、残ってくれたら嬉しいって思いながらオフシーズンを過ごしていましたし、ほぼ残ったので、それは本当に嬉しいこと」と、その胸中を明かす。

また、キャプテン就任には、「理想は“なにもしないキャプテン”が一番。僕の考えでは、一番いいチームだと思ってるので」と持論を展開。J2での戦いには、「もちろん、はじめて対戦するチームもありますし、はじめて対戦する選手も多いので、厳しいシーズンになるっていうのは覚悟していますけど、僕自身も大変お世話になっているクラブですし、一番愛着もありますし、期待に応えなきゃいけない。もう一回、踏ん張って強いガンバにしていきたい」と意気込んだ。

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ今日のできごと話題のニュース

(http://news.livedoor.com/article/detail/7469798/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。