ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最強GPUの選択基準って? NVIDIA GeForce GTX TITAN搭載カードの選択方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日登場したシングルチップでは最高性能を誇るNVIDIAの新GPU「GeForce GTX TITAN」。各社から続々と搭載カードが登場してきている。メモリー容量がなんと6GB(GDDR5)、GPUコアクロックが837MHz(最大876MHz)、2688ユニットのCUDAコアで14ユニットのSMXを構成するKeplerアーキテクチャ最高峰のGPUである。

NVIDIAのリファレンスカードと瓜二つ。

昨日、MSIもGeForce GTX TITAN搭載カードである「NTITAN-6GD5」を発表した(取り扱いはアスク)。実売価格で135,000円と、かなり値段の張る製品となっている。よく見て欲しいのが先日紹介したZOTAC製のカード「ZOTAC GeForce GTX TITAN」と瓜二つに見えることだ。

例えば、機能的にはDVI×2、HDMI 1.4a、DisplayPort 1.2を用いた4画面出力をサポート。カード1枚で3台までの3D対応ディスプレイへ3D表示が行える「3D Vision Surround」のサポート。そして垂直同期時のディスプレイのリフレッシュレートを引き上げる「Display Overclocking」対応といった感じで機能的にも変わらない。

これ、ZOTACとMSI製のカードでNVIDIAのリファレンスドライバー「ForceWare」を導入している状態では、まったくパフォーマンス的に変わらないだろう。となると何を基準にしたらいいのか? 最優先すべきは価格、そしてメーカーの保証、最後が独自のユーティリティだろう。たとえばMSIの場合は動作クロックや温度、ファン回転数などを監視したり、オーバークロックやファン回転数などの制御が行えるMSI独自のユーティリティツール「アフターバーナー」が付属している点だ。おいそれと13万円も出すわけにはいかないが、もし購入するつもりなら、こうした違いをチェックするようにしたい。

◆製品情報
メーカー:MSI
製品名:MSI NTITAN-6GD5
型番:NTITAN-6GD5
発売時期:3月8日
予想市場価格:135,000円前後

MSI NTITAN-6GD5ページ
アスク

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

外部サイト

PCが55勝3敗 人間 vs. コンピュータの将棋勝負現場レポート
まだ間に合う! 実力勝負で100万円ゲットできる「GPS将棋に挑戦!勝てたら賞金100万円」
米国先行発売のSurface、国内投入へではたして、どれほどのヒットとなるか【デジ通】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7468165/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP