ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【トレたね】新スタイルの“ご当地やきとり”が東京に進出!今年ブームを巻き起こせるか??

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ご当地グルメブームが日本全国で巻き起こる中、各地の “ご当地やきとり”の食べ比べができる日本初のやきとりテイスティングパーク「全や連総本店 東京」が、東京・大手町に22日オープンする。

「全や連総本店 東京」は、北海道室蘭市や福島県福島市、福岡県久留米市など「7大やきとりタウン」の名店を一堂に集結させた施設。鶏の内臓肉すべてを1本の串に刺し、玉葱をはさむ北海道美唄市の「焼とりたつみ」や、ガーリックパウダーと唐辛子を振りかけて食べる山口県長門市の「焼とりや ちくぜん」など、独自のスタイルをもった名店が東京に初進出する。

まず試してもらいたいのは、すべての店の味が一皿で楽しめる「7大やきとり食べ比べセット」(7本、1280円)や「ご当地日本酒飲み比べ 3種」(780円)などの“テイスティングメニュー”。これでまずは各地の味を知り、自分のお気に入り“ご当地”を見つけてほしい。また、B級グルメ好きには、美唄市の「石炭やきそば」、今治市の「焼き豚玉子丼」などのご当地グルメもオススメだ。

オープン当初は夜のみの営業だが、初夏からはランチ営業も開始予定。定番メニュー「やきとり」の新しい食べ方を提案してくれる同店は、今年話題のスポットとなりそうだ。詳細は、HP(http://www.zenyaren.jp/)でも確認できる。

「全や連総本店 東京」
住所:東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビルB2F
営業時間:【平日】 17時~23時 (L.O. 22時) 【土日祝】12時~22時 (L.O. 21時)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP