ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

WBC日本-中国戦、桑田氏、清原氏、野村氏の評価は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3日、ヤフオクドームでは、WBC1次ラウンド第2戦「日本-中国」が行われ、日本代表が5-2で快勝。2次ラウンド進出へ王手をかけた。同日、TBS「S1」では、野球解説者の桑田真澄氏、清原和博氏、野村克也氏が出演。侍ジャパンの中国戦について、それぞれが評価を述べている。

まず野村氏は、好投した前田健太に対し「まだまだ本調子じゃないと思いますよ」と切り出す。その理由について、「まだ彼本来のピッチングじゃない。コントロールと配球のピッチャーなのに、コントロールがもうひとつ狙ったところにきてない。キャッチャー・阿部が要求しているところにいかないんですよ。もっとよくなるでしょう」と説明、さらに前田の状態は上がっていくという見通しを示した。

すると、VTRでの出演となった桑田氏は、「前健は一言でいいますと、ウェルカムバックですね。スピード、キレ、角度、すべて本来の前健のボールに戻ってきたなと。ピッチャーゴロを飛びついて捕った場面がありましたけど、あれができるということは、バランスよく投げているということ。修正のポイントは少し投げ急ぐ感じが出ている。野手のほうは、僕は専門ではないので、スタジオにいる清にお願いします」と清原氏にバトンタッチをした。

攻撃面について解説を行った清原氏は、中田翔の名前を挙げると、「やはり、昨日の勝利は、勢い付けるためにも先制点がほしい場面で、きっちりとレフト前に打った。非常に価値のある打席だったと思う。(フォームが変わった)このWBCの間に立浪コーチとやってきた。将来、必ず日本の4番バッターに成長してくれると信じています」と期待を寄せた。

(http://news.livedoor.com/article/detail/7465105/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP