ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

関ジャニ∞、錦戸主演映画の主題歌“ここにしかない景色”をリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

関ジャニ∞の新曲“ここにしかない景色”が、5月11日に公開される錦戸亮主演の映画「県庁おもてなし課」の主題歌に決定した。

「県庁おもてなし課」は、「フリーター、家を買う。」や「図書館戦争」シリーズで知られる人気作家の有川浩によるベストセラー小説を原作とした作品。高知を舞台に、県庁の観光部に発足した〈おもてなし課〉に所属する主人公が、柔軟な発想力のあるヒロインと共に地元のアピールのために奮闘する姿が描かれる。スタッフには、監督の三宅喜重や脚本の岡田惠和など、2011年に公開された有川原作の映画「阪急電車」と同じ制作陣が集結しており、撮影は高知県の全面協力のもとで行われた。

そんな本作の主題歌となる関ジャニの新曲“ここにしかない景色”は、彼らのニュー・シングルとして4月24日にリリースされることが決定。収録内容などの詳細は後日発表される。また、この楽曲に込められた〈自分を育んだ街、故郷、愛する街に感謝の想いを伝えたい〉というメッセージをもとにしたキャンペーンも展開。〈私の街の最高の場所、僕の村の秘密の場所〉をテーマにした〈ここにしかない景色〉の写真を募集している。採用が決まった写真は、ニュー・シングル発売時の広告物などに使用されるとのこと。応募要項は関ジャニのレーベルオフィシャルサイトでチェックしよう。

★3月13日にリリースされる関ジャニ∞のライヴ映像作品「KANJANI∞ LIVE TOUR!! 8EST~みんなの想いはどうなんだい? 僕らの想いは無限大!!~」の詳細ニュースはこちら

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。