ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エステラ、NFCとBluetoothに対応した女性向け小型通信活動量計「カラダフィット」を開発、3月中に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

無線通信歩数機器メーカーのエステラ(は3月4日、女性向け健康情報サイト「ルナルナ」を提供するエムティーアイとのコラボで、NFCとBluetoothに対応した小型通信活動量計「カラダフィット」を開発し、3月に発売すると発表しました。カラダフィットは、身に着けて持ち運ぶことで、内蔵の3D加速度センサーにより総消費カロリー、活動消費カロリー、体脂肪燃焼量、歩数、アクティブ歩数、エクササイズが計測される健康管理グッズ。NFC(FeliCa、Type-A/B)とBluetooth通信に対応しており、スマートフォンに専用アプリを入れてカラダフィットとBlueoothで通信させるとリアルタイムに計測データを閲覧できるようになっています。NFCはリアルタイムではないデータ転送やBluetoothペアリング用でしょうね。本体サイズは27mm×8.5mmで、質量は8gとかなり小型で軽量。髪飾りや腕に付けるアクセサリーとして利用できるように工夫されたザインが採用されています。電池駆動時間はNFCで1年間、Bluetooth利用で約6か月。カラダフィットには90日分のデータを保存しておくことができます。同社はカラダフィットのほか、ミリタリ調デザインを採用し液晶パネルを搭載した「Mi-700」を2013年5月に発売することも発表しています。これは男女問わず利用できる製品で、総消費カロリー、活動消費カロリー、体脂肪燃焼量、歩数、アクティブ歩数、歩行距離、エクササイズが計測できます。NFCとBluetoothでデータをスマートフォンやPCに転送することができます。この2製品は、2013年3月5日~8日に東京ビックサイトで開催される「NFC&SmartWORLD」のSonyブースで展示されます。Source : エステラ



(juggly.cn)記事関連リンク
iReady Goが5インチqHD・MT6589搭載のポータブルAndroidゲーム機「Much i5」を発表
LG、LTE対応スマートフォンを世界で累計1,000万台販売したと発表
NTTドコモ、MEDIAS Tab UL N-08Dのソフトウェアアップデートを開始、ベストフォトモードでカメラが起動しない事象を改善

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP