ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2013年03月04日~03月10日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2013年03月04日~03月10日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:天秤座

まわりにいる人たちの良いところを見習おうとすることで大きな成長が得られるでしょう。うがったものの見方をせず素直な気持ちで受け入れることが幸運の鍵です。またこの時期の自分への投資は吉と出る可能性が大。すぐに結果が出なくてもあせる必要はありません。

第2位:射手座

今週は立ち止まって振り返ることが課題となるでしょう。新しいことを始めるよりもこれまでやってきたことの総復習をするときのようです。対人運が好調。見栄を張ったり背伸びしたりせずにあなたが感じていることをありのまま素直に伝えることで共感が得られそう。

第3位:蟹座

感覚が研ぎ澄まされているときなのでこの時期に見聞きしたものや経験したことはあなたの考え方に大きな影響を与えるでしょう。積極的に良いものを取り入れて。また人間関係も含め身辺の整理する時期でもあります。疑問を感じる相手とは少し距離を置くと良いかも。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/295092 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:蠍座
抱えている問題に解決の光明が見えるかもしれません。しかしその解決は一時しのぎに過ぎない可能性も。浮かれず次の手を考えておいたほうが良さそうです。家族など身近な人との時間を大切にしましょう。特に最近会話が減ったと感じているならゆっくり時間をとって。

第5位:山羊座
恋愛運が好調です。男性ならリーダーシップをとって吉。先のことばかり考えて不安になるよりも今を大切にすることが幸運の鍵。またちょっとしたプレゼントなど形として目に見えるものが効果的。ただし恋愛に関する誘惑も多い時期なので浮気心にはくれぐれも注意。

第6位:魚座
今週は争いごとを避け周囲と調和しながら過ごすのが幸運の鍵。一見あなたが我慢をしいられるようなことでも結果的に良い方向に働く兆し。また雨降って地固まるという言葉があるようにトラブルさえも今後の踏み台となりそうです。健康運には注意信号が出ています。

第7位:双子座
ちょっとした非日常がツキを呼びそうです。時間が許せば旅行に出るもよし。難しければいつもと少し違ったことをするのがポイント。新しい分野の勉強を始めたりイメチェンも吉。ただしいつもと違う自分を演出しようとして嘘や他者を傷つけるような言動は禁物です。

第8位:牡牛座
今週は崩れてしまったバランスを立て直すのが先決。生活の乱れや公私の混同あるいはものの見方など今の自分を客観的に見つめてみて。偏っているところがあれば今のうちに修正を。前向きに取り組むことで道が自然と開けてくるときなので無理する必要はありません。

第9位:獅子座
集中力が続かない週となりそうです。面倒くさいと感じているものほど早めに済ませておいたほうが良さそう。目上の人との相性は吉。礼儀正しい言動が好印象に結びつくでしょう。過去に仲違した相手と和解があるかもしれません。過ぎたことにこだわらず今を大事に。

第10位:牡羊座
ささいなことが気にかかって小さなイライラが積もりそう。溜めこまずに適度にストレスを発散させておかないと後で大爆発なんてことになりかねません。気の置けない友だち相手にならたまには愚痴をこぼしても良いのでは。旅先などの出逢いにもツキがありそうです。

第11位:水瓶座
金銭運が乱れ気味。臨時収入があったかと思えば思わぬ出費を迫られるなど収支が安定しない週となりそうです。また支払ったぶんだけの見返りがあるかといえばそうでもなく本当に必要なものを見極めることが求められるでしょう。管理して記録に残すように心がけて。

第12位:乙女座
物事が思うようにはかどらず自信がしぼんでしまうかもしれません。しかしそんなときこそやるべきことを淡淡とこなしていくのが肝要。また手抜きやサボリは誤魔化せているつもりでも周囲にはバレているもの。失った信用を取り戻すのは大変です。今の努力を大切に。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP