体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Xperia Tablet Z SO-03E」がFCCの認証を取得、内部写真や取扱説明書も公開

Sony Mobileの「Xperia Tablet Z SO-03E」がFCCの認証を取得しました。FCC IDは「PY7TM-0000」。Xperia Tablet Z SO-02Eは厚さ6.9mmの薄型ボディに、10.1インチ1,920×1,200ピクセルのTFT液晶とSnapdragon S4 Pro 1.5GHzクアッドコアプロセッサなどを搭載した防水・防塵対応タブレット。海外版と国内Wi-Fi版は4月以降に発売されますが、NTTドコモ版は今月中に発売される予定です。認証は、GSM 850/1900MHz、WCDMA 850MHz、Wi-Fi 2.4/5GHz、Bluetooth RFIDの周波数で取得しています。認証資料の中には外観・内部を撮影した写真も含まれていました。内部写真を見ると、スペース全体にわたりパーツが敷き詰められており、そのうち半分ほどのスペースをバッテリーが占めていることが分かります。6.9mmの厚さを実現するためにバッテリーを平べったくして全体を使ったんでしょう。英語版ですが取扱説明書も公開されていました。この中に記載されていた付属アクセサリーの説明によると、SO-03Eにはデスクトップホルダー(SO14)、バックカバー(SO21)、ワンセグアンテナ(SO01)、Micro SDカード(2GB)、ステレオヘッドセット(MH-EX300AP)が付属するようです。ちょっと豪華ですね。

Source : FCC



(juggly.cn)記事関連リンク
MWC 2013:Samsung、LTE対応機種「Galaxy Express」など複数のGalaxyスマートフォンを展示
Ubuntu Touch Developer Previewのデイリービルドが提供中
Galaxy S IVのカラバリはブラックとホワイトで、ストレージ容量別に16GB/32GB/64GBモデルの発売が予定されているらしい

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会