体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Galaxy S IVのカラバリはブラックとホワイトで、ストレージ容量別に16GB/32GB/64GBモデルの発売が予定されているらしい

Galaxy S IVの初期版にはカラバリとストレージ容量別に計6種類のバリエーションが存在するとSamMobileが伝えています。同サイトによると、Galaxy S IVの初期のカラバリはブラックとホワイトの2色で、どちらにも、16GBモデル/32GBモデル/64GBモデルと内蔵ストレージの容量別に3種類の発売が計画されているそうです。伝えられているカラバリの中にGalax S IIIの時にはあったブルーがありません。Galaxy S IIIでは、数十万台単位でブルーのバックカバー表面のヘアライン加工の仕上がりに欠陥が見つかり、輸出のために輸送機に積載したにも関わらず交換のために急遽出荷を延期したというトラブルが発生しました。Gaalxy S IVの外観はGalaxy S IIIやGalaxy Note IIを流線型デザインを継承したものと噂されているので、見栄えを良くするためにヘアライン加工を施す必要のあるブルーを避けたと推測されます(まあ、機種が違うので、そもそもそういった問題に関係なくブルーにしなかったのかもしれませんが・・・)。Galaxy S IVは、4.99インチ1,920×1,080ピクセルのディスプレイ、Exynos 5410 1.8Ghz(4+4コア、Power VR SGX544MP)、2GB RAM、1,300万画素のリアカメラ、210万画素のフロントカメラ、2,600mAhバッテリー、Android 4.2(Jelly Bean)を搭載。北米ではSnapdragon 600を採用したモデルが発売されると噂されています。Source : SamMobile



(juggly.cn)記事関連リンク
日本のGoogle PlayストアでNexus 10の販売が再開
ワコムがモバイルタブレットの発売を予告
ASUSの「MeMO Pad Smart ME301T」とHuaweiのSIMロックフリータブレット「MediaPad 7 Lite」が本日発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。