体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Surface日本版登場 マイクロソフトの自社製Windows RTタブレット国内初登場

本日、日本マイクロソフトは、都内で発表会を開催し、すでに米国では発売済みだった同社製の進化したタブレットである「Surface RT」を3月15日より提供すると発表した。Surface RTは、オンライノンのMicrosoft Storeで販売される以外にも、ビッグカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラといった大手量販店でも販売される。
Surface日本版登場 マイクロソフトの自社製Windows RTタブレット国内初登場Windows RTを搭載するSurface RT

Surface日本版登場 マイクロソフトの自社製Windows RTタブレット国内初登場Surfaceを取り扱う大手量販店

今回発売するSurface RTは、CPUにNVIDIAのTegra 3を搭載しオペレーティングシステム(OS)にWindows RTを採用したタブレットだ。タブレットの基本性能に加え、キーボードによる快適な文字入力、Office 2013 RT(Word,Excel,PowerPoint,OneNote)を標準搭載する。進化したタブレット「ハマる、タブレット。」をキーワードにしている。本体価格は49,800円から(Surface RT 32GB、64GBモデルのSurface RT 64GBは57,800円)となっている。もちろん日本への投入なので、キーボード機能を持つタッチカバーおよびタイプカバーのキー配列は日本語キーボードとなる。

なお、日本マイクロソフトの代表執行役 社長 樋口 泰行氏によると、インテルのCore iプロセッサーを搭載しWindows 8が動作するSurface RTの上位モデルとなるSurface Proに関しては、現在のところ情報はないとし、今後、アナウンスができる状況になったら再度お知らせするという話だ。

Surface日本版登場 マイクロソフトの自社製Windows RTタブレット国内初登場Surface RTを持つ日本マイクロソフトの代表執行役 社長 樋口 泰行氏 Surface日本版登場 マイクロソフトの自社製Windows RTタブレット国内初登場キーワードは「ハマる、タブレット。」

■主な製品特長は以下の通り

・VaporMg(ベイパーマグ)ボディ
Surface日本版登場 マイクロソフトの自社製Windows RTタブレット国内初登場
本体の材質は、薄さと堅牢さを兼ね備え、質量がアルミニウムの約1/3の超軽量マグネシウム合金でできており、より軽さと強度を求められるモバイル環境での使用に最適。

・一体型 Kickstand(キックスタンド)
Surface日本版登場 マイクロソフトの自社製Windows RTタブレット国内初登場
リラックスして動画を楽しみたい時や、集中して仕事をしたいときに役立つのが、本体に備わったキックスタンド。スタンドを立てればしっかり自立し、今までのタブレットを超えた、幅広い使用シーンに対応する。本体前面と背面にそれぞれ搭載されたWeb カメラは、キックスタンドで立てた時に最適な22度の角度になるよう調整されており、ビデオ チャットなどにも便利に使える。

・タッチ カバー
Surface日本版登場 マイクロソフトの自社製Windows RTタブレット国内初登場
超薄型3mmの感圧式キーボードを備えたタッチ カバー(3色:ブラック、ホワイト、シアン ブルー)は、画面保護の機能性にキーボード機能を備えた革新的なカバーで、従来のタブレット以上の利便性そ向上させるという。カバーをたたむと自動的に文字入力が無効になる設計だ。価格は、各色が9,980円。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。