ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPad miniが手のひらにピタ!混雑時も落下の心配要らずのマジックのようなケース【イケショップのレア物】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

写真のiPad miniを見て「あれ?」と思った人は鋭い! 
このiPad mini、手で握って持っているわけではない。指は伸ばしたままなので、iPad miniは手で持たれてはいないのだ。しかし、まるで手のひらにiPad miniがくっついているかのようだ。

iPad miniは、ディスプレイが7.9インチ、幅が134.7ミリもある。Nexus 7がディスプレイ7インチ、幅120ミリと、成人男性や女性が片手で持てるサイズに収まっているのに比べ、iPad miniの幅は前述したように134.7ミリもあり、男性の手でも本体外側に指をかけるのがやっとというサイズだ。おそらく女性だと片手持ちは厳しいのではないだろうか。

iPad miniやNexus 7などの7インチクラスのタブレットは、Webサイト閲覧だけでなく、ビジネス文書の作成や長文メールの読み書きといった用途にも十分対応できる。基本的にはタテ表示での利用となることが多いので、片手で持って、片手で操作するというのが一般的なスタイルといえるわけだが、そうなると片手でしっかりとホールドすることが重要となる。

動画再生などでは、横画面で両手持ちのケースも多くなるので問題はないが、タテ表示で利用するケースでは、片手で持った時に本体の端を、余裕を持って指でつかめないと、安定したタッチ操作ができない。ギリギリで持てる状態だと、手の疲労は想像以上に大きく、すぐに握力が弱り、ちょっとしたはずみで落下・破損などといった悲しい事態を引き起こしかねない。

こうした不安感から、混雑した乗り物の中では、iPad miniのような幅広のタブレットは取り出せないと思っている人も多いはずだ。少なくとも筆者は、ガジェット好きの知人にそういわれたことがある。「もし落としたらどうしようと思ってしまい、座席に座っているときか、乗客が少なく空いているときしかiPad miniを取り出せない。」というのである。

毎朝混雑しているバスや電車に乗って通勤している人にとって、片手でしっかりホールドして持てるということが重要だというのは、少し人より大柄で、手も大きい筆者には目から鱗で、そうしたことで困っている人が意外と多いと聞いて驚いたものだ。

4インチ前後のスマートフォンや5インチ超えのGalaxy Noteシリーズなどは、片手でもしっかり持っていられるサイズなので、混雑時のバスや電車の中でも安心して操作が行える。この安心感をiPad miniでも実現できる製品が「ハンドストラップ ローテーションケース iPad mini」なのだ。

■見れば納得!手のひらにピタッと張り付いた理由
この製品、冒頭の写真のように指を伸ばした状態で手のひらにピタッと張り付いたように見える。なぜそのように見えるのかは、反対側から見るとわかる。手を入れて固定できるハンドストラップが付いているためだ。しかもこのハンドストラップは回転するので、タテ表示だけでなくヨコ表示でも手可能なので、タテヨコ関係なく利用できるようになっている。

ハンドストラップのおかげで落とすことがない

回転させてヨコ表示時も使えるようになっている

■本体カラーはホワイトとブラックの2モデル
この製品は、iPad mini用のケースと、そのケースの背面部分に装着するハンドストラップ(兼スタンド)という構成だ。このケースは、iPad mini本体を丸ごと包み込むタイプなので、ケースに入れている感じがしないのがポイントだ。色はホワイトとブラックが用意されており、本体の色と同じにして選んでもいいし、本体の色とは逆を選んで、気分でホワイトをブラック、ブラックをホワイトにすることもできる。

こちらはホワイトモデル、右はハンドストラップ(兼スタンド)

こちらはブラックモデルだ。

■ケースの装着も楽々、ハンドストラップもワンタッチ
iPad miniをケースに装着する方法は、特に難しいことはない。ケースは前面の額縁側が大きく開くようになっているので、その状態で上下を間違えないようにiPad miniをセットする。ホームボタンや背面のFaceTime HDカメラ、前面のiSightカメラ位置をケースの穴と合わせるようにすればいい。本体をケースに収めたら、あとはフタをする感じで閉じればOKだ。パチンといった感じで固定される。

iPad miniの上下を合わせてケースに入れる。

ホームボタンやカメラの位置が合っていればOK

あとはケースを閉じるとカチッと音がして固定される。

■ハンドストラップ兼スタンドはワンタッチで取り外し自在
iPad miniを持った時に落とさないためのハンドストラップは、実は本体を立てるスタンド機能も兼用している。ケースの背面側、ちょうどアップルロゴがある部分が丸くくり抜かれており、ロゴを見せるためのワンポイントになっているように見えるのだが、これ実はそうではなくハンドストラップを装着するためのモノでもあるのだ。ハンドストラップは、この丸い穴に装着できるようになっており、しかもワンタッチで取り外せる。兼用のスタンドはプッシュボタンでスタンドが起き上ってくる仕組みになっている。

背面のアップルロゴが見える穴にハンドストラップを装着する。

装着はワンタッチ。取り外すのも簡単だ。

ハンドストラップを装着したところ。ここに手を通す。

このようにハンドストラップはスタンドにもなる。

もちろんヨコ表示でもスタンドとして使える。

イケショップのスタッフ曰く
「ハンドストラップの取り外しが簡単だったり、プッシュボタンでスタンドが開いたり等、作り込みもしっかりしており、コストパフォーマンスの高い製品です。また、ケース自体の着脱が簡単なのも特徴です。iPad miniをセーフティかつ便利に使いたいと考えている人におススメします。」とのことだ。

なおキャンペーンとして「3月1日より各色30個限定で、通常価格1,980円を特価1,680円及びLightningケーブルのプレゼントを実施いたします!」とのことだ。

[PR企画]

■製品名:ハンドストラップ ローテーションケース iPad mini
■販売価格(税込):1,980円
●主な仕様
・サイズ:
ケース部:139(幅)mm×203(高さ)mm×12(厚さ)mm
ハンドストラップ部:55(幅)mm×123(高さ)mm×18(厚さ)mm
・重量
ケース部:88g
ハンドストラップ部:72g

伝説のレアものショップ イケショップ

外部サイト

Windows 8でセカンドスクリーンの配置を決める【知っ得!虎の巻】
インテル NUCの魅力が満載!zigsowプレミアムレビューの内容が凄い
生きてれば121歳 本日のGoogleロゴは芥川龍之介の羅生門がモチーフ

(http://news.livedoor.com/article/detail/7457126/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP