体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ZTE、5.7インチディスプレイ搭載スマホ「ZTE Grand Memo」とFirefox OS搭載スマホ「ZTE Open」を発表


ZTEがGrand MemoとOpenを発表!
ZTEは2月25日(現地時間)、2013年2月25日(月)からスペイン・バルセロナで開催される世界最大級の携帯電話・通信関連イベント「Mobile World Congress 2013(MWC2013)」にてプレスカンファレンスを開催し、5.7インチディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン「ZTE Grand Memo」およびオープンモバイルプラットフォーム「Firefox OS」を世界初採用したスマホ「ZTE Open」を発表しています。

ZTE Grand Memoは、2013年第2四半期(4~6月)に中国から販売される予定で、第3四半期(7~9月)以降に欧州などでも販売される予定。

また、ZTE Openは、2013年第3四半期以降に携帯電話事業者Telefonicaがスペインやベネズエラ、コロンビアの3カ国で販売予定となっています。

両機種とも日本国内向けについては未定で、現在のところ販売される予定はないようです。

◯ZTE Grand Memo
ZTE Grand Memoは、5.7インチの大型ディスプレイを搭載したハイエンドなAndroidスマートフォンです。ディスプレイがHD(720×1280ドット)液晶で、プラットフォームにAndroid 4.1.2(開発コード名:JellyBean)を採用しています。

チップセットは、最大1.7GHz駆動のクアッドコアCPUを内蔵したQualcomm製が採用されており、はじめに投入される中国向けには「Snapdragon S4 Pro」、後から投入される欧州向けには最新の「Snapdragon 800」を搭載するということです。

スペックとしては、1300万画素アウトカメラ、130万画素インカメラ、3200mAhバッテリー、2GB内蔵メモリー(RAM)などとなっています。

通信方式は、GSM(850/900/1800/1900MHz)、W-CDMA(900/2100MHz)、LTE(800/900/1800/2600MHz)に対応しており、LTEはUE Category 3対応で、受信時最大100Mbpsまで利用可能とのこと。

その他、2.4および5GHz帯に対応したIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)やBluetooh 4.0などにも対応しています。大きさが159.9×82.6×8.5mm。

01

◯ZTE Open
ZTE Openは、Firefox OSを採用する世界初のスマートフォンで、Mozillaが開催したFirefox OSについてのプレスカンファレンスにおいても披露されていました。

Firefox OSを搭載することをメインとしており、スペックは必要最低限のエントリーモデルとなっているとのことで、ディスプレイに約3.5インチHVGA(320×480ドット)TFT液晶、チップセットにシングルコアCPUを内蔵したQualcomm製「MSM7225A」、320万画素CMOSアウトカメラ、Blueooth 2.1+EDR、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、1200mAhバッテリー、256MB内蔵メモリー(RAM)、512MB内蔵ストレージ(ROM)、加速度センサー、照度センサー、A-GPSなどとなっています。

GSMおよびW-CDMAに対応しており、大きさが114×62×12.5mm。

02
1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。