ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生きてれば121歳 本日のGoogleロゴは芥川龍之介の羅生門がモチーフ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オトナも読める絵本作家生誕88年 本日のGoogleロゴはモノクロ絵本風に変化」でGoogleのホリデーロゴを紹介した。本日は日本の小説家で誰もが知っているであろう芥川龍之介の生誕121周年を祝うロゴになっている。彼の短編「羅生門」がモチーフになっているようで、くずれかけている平安時代の平安京の入口、羅生門の前に腰かけているのは、芥川本人であろうか、タバコでもふかしながら小説のアイデアを練っているようにも見える。羅生門は、今昔物語をベースに、飢きんで食糧もロクにないような世界で生きて行くために犯す悪事について、世の中の不条理を巧みに描いた名作だ。おそらく善人であった下人が悪人へと変貌を遂げる様が描かれている。筆者的には、下人が悪事に走る心の動きを、いまいち納得できないが芥川はこの物語を通して悪いことをするための屁理屈の組み立て方を巧みに描いていると言える。だが悪事を行うことに、どんな理屈を持ってきても正当化できるわけではないということは言うまでもない。

Google

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

外部サイト

インテル NUCの魅力が満載!zigsowプレミアムレビューの内容が凄い
知識ゼロでもサイトは作れる!エクスクラウドのサイト作成ツールを試す
Google Play非対応だっていいじゃない! 選択肢が増え多様化するAndroidタブレット市場 【デジ通】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7456713/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP