ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もっともお金が貯まりやすいのは1週間に1回だけATMに行く人

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 銀行からお金を引き出す回数は人それぞれ。まとまった額を引き出すと使ってしまうので、少額を頻繁に引き出す人もいれば、その逆の人もいる。けれど、お金を貯められる人と貯められない人では、回数にも違いがあるらしい。

「まとまった額をどーんと引き出す人も、少額を1~2日に1回引き出す人も、実はどちらもお金が貯まりません。いちばんお金を貯めているのは、1週間に1回お金を引き出す人。このことから、1週間のお金の使い方をしっかりと管理できる人が、貯まる人だといえそうです」(家計再生コンサルタント・横山光昭さん。以下「」内同)

 その一方で、“長財布を持つとお金が貯まる”ってよく聞くけど、これって本当なのだろうか。

「この話には、実はまったく根拠はありません。ただ、財布を見ると、お金が貯まる人と貯まらない人がわかるのは本当ですよ」

 横山さんが、お金が貯まらない財布の例としてあげるのは、レシートやポイントカードで財布がパンパンになっている人や、お札が上下バラバラで、くしゃくしゃに入っている人。

「お財布を雑に扱う人は、財布に入っているお金に対する意識が低い人。反対に、丁寧に扱う人は、お金に対する意識が高く、きちんと管理をしている人です。当然、後者のほうがお金が貯まります」

 また、500円玉貯金は貯まりやすいという話も聞くが、実際にはどうなのだろう?

「500円ってわりと額が大きいですよね。例えば300円のものを1000円札を出して買うとおつりが700円。そのうち500円が貯金箱行きですから、あっという間にお財布の中の1000円札がなくなり、銀行からお金を引き出さなきゃ…となるんです。貯金箱には貯まりますが、日々のやりくりはきつくなってしまう。私のおすすめはむしろ“小銭貯金”。その日の終わりに、お財布に残っている小銭を貯金箱に…くらいのほうが、無理せず続けられると思いますよ」

※女性セブン2013年3月14日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
お金を大事にする方法 「1円玉が落ちていたら拾う」人も
年間100万円貯める方法 絶対手をつけない貯金専用口座作る
「和田アキ子氏は常に財布にポチ袋を入れている」と金子哲雄氏

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP