ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レイトン教授シリーズはヨーロッパで日本以上の大ヒット その意外な秘密とは!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『レイトン教授』と言えばレベルファイブがリリースした謎解きアドベンチャー。2007年に『ニンテンドーDS』で発売して以来大ヒット作となっており、『ニンテンドーDS』と『ニンテンドー3DS』をあわせて6作品がリリースされている。また『逆転裁判』とのコラボ作品である『レイトン教授VS逆転裁判』が昨年11月に発売されそちらのセールスも好調である。

しかしミリオンヒットを出しているのは何も国内だけではない。なんとヨーロッパ各国でもレイトン教授シリーズは人気作品となっているのだ。その理由として挙げられるのがパブリッシャーである。国内では開発・販売ともにレベルファイブが行っているが、海外では任天堂が販売を行っている。レベルファイブよりも知名度のあるパブリッシャーである任天堂に任せた方が売れると見込んだのだろう。

ただ、理由はこれだけではなくもう1つ理由があった。それはゲームのパッケージであった。日本国内のジャケットはレイトンやルークが登場するジャケットとなっているが、ヨーロッパ版のみはロゴをメインとしたジャケットになっている。これは謎めいたイメージを強調させたかったそうだ。NOE(Nintendo of Europe)による提案によるもので、このジャケット仕様の変更が大成功。なんと日本以上の大ヒット作品となったのだ。

昨日、『レイトン教授と超文明Aの遺産』が発売されたばかり。これもヨーロッパではミステリアスなジャケットになるのだろうか。ちなみにアメリカ版は日本に近いジャケットになっている。また『レイトン教授と奇跡の仮面』はヨーロッパでも多少キャラクターが映り込んでいる。これはシリーズ作が認知されてきたためだろうか?

【れいとん教授とちょっと笑えるナゾ】予告

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP