体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知識ゼロでもサイトは作れる!エクスクラウドのサイト作成ツールを試す

前回はデータホテルのエクスクラウドで月額1,575円の「管理ツールPLESK搭載プラン」コースを契約している人なら、誰でも簡単に「WordPress」が導入できることを紹介した。WordPressは、様々なカスタマイズが可能なため個人のブログから会社案内のサイトまで、幅広く使われているのは紹介した通りだ。

しかし、流行というのか猫も杓子も皆、WordPressでサイトを作っている現状がある。あまりカスタマイズしないサイトの場合、ぱっと見ただけでWordPressを使って作られていることがわかってしまうし、WordPressのようなコンテンツマネージメントシステム(CMS)が苦手な人もいるだろう。
■オリジナリティに満ちたWebサイトにしたいならWeb Presence Builder
流行だからとWordPressでWebサイトを構築したいと考えるのであれば、まずはカスタマイズ方法を徹底して学ぼう。「管理ツールPLESK搭載プラン」なら先述したようにWordPressの導入が簡単に行えるわけで、徹底的にカスタマイズすればいい。

WordPressのカスタマイズスキルをアピールするサイトを構築して就職や転職を有利に運ぶために自分で「管理ツールPLESK搭載プラン」を契約して、オリジナルサイトを作って公開するなんて方法もアリかもしれない。

しかし、WordPressに依存せずに、普通にWebサイトを構築したいという人もいるだろう。そんな人におススメしたいのが「Web Presence Builder」というWebサイト作成ツールだ。このツールは「管理ツールPLESK搭載プラン」の標準では利用できずオプションのPowerPack(月額1,050円)を導入する必要があるが、驚くべきは非常に手軽で簡単にWebサイトが構築できるのだ。

本当に簡単にサイトを作れるようになっているので、Web Presence BuilderでWebサイトを作る方法を紹介しよう。

■PLESKパネルからWeb Presence Builderを呼び出す
まずPowerPackを契約したら、PLESKパネルにある「ウェブサイトとドメイン」タブにある「Web Presence Builderを起動する」をクリックする。これとは別にホーム画面にもWeb Presence Builderを呼び出す項目が用意されている。

知識ゼロでもサイトは作れる!エクスクラウドのサイト作成ツールを試す「ウェブサイトとドメイン」タブにある「Web Presence Builderを起動する」から呼び出す。 知識ゼロでもサイトは作れる!エクスクラウドのサイト作成ツールを試すホーム画面から「Web Presence Builderを起動する」をクリックしてもOK

■作成したいサイトのイメージに近いテンプレートを選択する
初めてWeb Presence Builderを起動する場合、WebサーバーにはWebサイトが作られていない状態なので、作成用のテンプレート選択画面が表示される。ここから目的に合ったWebサイトのテンプレートを選択する。それこそ個人ユースから、コーポレート、オンラインショッピングなど、豊富な数のテンプレートが用意されている。

具体的には「サービスが25」「小売業が11」「エンターテイメントおよびレジャーが5」「組織が10」「建築およびハウジングが11」「ヘルプおよびスポーツが9」「アートおよびデザインサービスが11」「教育サービスが4」「趣味が8」「個人向けが6」「その他が1」の合計101種類だ。

この中から自分に向いているテンプレートを選べばいい。101とは言っても、それぞれの目的ごとに分類されているので、それほど手間ということはない。選んで違うと思えばサイトを削除して、再度この画面から選択し直せるので、何度でもやり直しがきく。

実際に試した実感としてテンプレートを選択すると即座に反映されるので待たされるストレスはない。サイトの削除も一瞬なので、何度でもテンプレートを選択し直すことができた。試しに50ほどテンプレートの選択と削除をしてみたが15分程度しかかからなかった。

知識ゼロでもサイトは作れる!エクスクラウドのサイト作成ツールを試すWebサイト用のテンプレートは、実に101種類と豊富に用意されている。
1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。