体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

注文の多い料理店―就活編

注文の多い料理店―就活編

今回はFumiaki Nishiharaさんのブログ『Colorless Green Ideas』から転載させていただきました。

注文の多い料理店―就活編

概要
なかなか内定がとれずに消沈する二人の学生が見た「当社は採用の多い企業ですからどうかそこはご承知ください」という文言。この企業はどんな企業なのだろうか?

本文

二人の若い大学生が、いっぱしのサラリーマンのかたちをして、ぴかぴかするアンドロイドのスマートフォンを持って、都心からは少し離れた、低中層のオフィスビルがぽつぽつとあるエリアを、こんなことをいいながら、あるいておりました。

「ぜんたい、ここらの企業はけしからんね。ろくに求人もしていやがらん。なんでも構わないから、早くトントンと、面接をすすめていきたいもんだなあ。」

「グループ討論で、アホウなFランクの学生のバカなセリフなんぞを、ちょっと気の利いたセリフで論破したら、ずいぶん痛快だろうねえ。顔を真っ赤にして、しどろもどろになって、それからどたっと倒れるだろうねえ。」

二人がそれぞれ持っていたスマートフォンが、二つともいっしょにフリーズを起こしたかと思うと、しばらくたって、ぶちっと電源が切れてしまいました。

「じつにぼくは、二万四千円の損害だ」と一人の学生が、そのスマートフォンの電源をさわりながらいいました。

「ぼくは二万八千円の損害だ。」と、もひとりが、くやしそうに、あたまをまげていいました。

はじめの学生は、すこし顔いろを悪くして、じっと、もひとりの学生の、顔つきを見ながら云いました。

「ぼくはもう戻ろうとおもう。」

「さあ、ぼくもちょうど寒くはなったし腹は空いてきたし戻ろうとおもう。」

「そいじゃ、これで切りあげよう。なあに戻りに、ネットカフェで、リクナビでプレエントリーを十社もしておけばいい。」

「マイナビもでていたねえ。そうすれば結局おんなじこった。では帰ろうじゃないか」

ところがどうも困ったことは、どっちへ行けば戻れるのか、いっこうに見当がつかなくなっていました。

風がどうと吹いてきて、道路標識はがたがた、街路樹はかさかさ、立て看板はごとんごとんと鳴りました。

「どうも満たされたない気がする。さっきから心が満たされなくてたまらないんだ。」

「ぼくもそうだ。もうあんまりあるきたくないな。」

「あるきたくないよ。ああ困ったなあ、何か内定がほしいなあ。」

「ほしいもんだなあ。」

二人の大学生は、ざわざわ鳴るビル街の中で、こんなことをいいました。

その時ふとうしろを見ますと、立派な一軒のビルがありました。

そして玄関には

RECRUITMENT
採用募集中
WILDCAT Inc.
山猫株式会社

という札がでていました。

「君、ちょうどいい。ここはこれでなかなか採用してるんだ。はいろうじゃないか。」

「おや、こんなとこにおかしいね。しかしとにかく何か採用面接ができるんだろう。」

「もちろんできるさ。看板にそう書いてあるじゃないか。」

「はいろうじゃないか。ぼくはもう何か内定がほしくて倒れそうなんだ。」

二人は玄関ホールに立ちました。玄関ホールは吹き抜けで照明も明るく、実に立派なもんです。

そしてホールの真ん中に標識がたって、そこにカラープリンタで印刷した字でこう書いてありました。

「エントリーシートは不要! わが社はどなたとでも面接します! 学歴や点数にこだわりません! どうか面接にきてください! 決してご遠慮無用です!」

二人はそこで、ひどくよろこんでいいました。

「こいつはどうだ、やっぱり世の中はうまくできてるねえ、ここのところなんぎしたけれど、こんどはこんないいこともある。この会社は手ぶらでも面接してくれるんだぜ。」

「どうもそうらしい。決してご遠慮無用ですというのはその意味だ。」

二人は玄関ホールの奥の戸を押して、なかへ入りました。そこはすぐ廊下になっていました。そこにあった掲示はこうなっていました。

「ことにコミュニケーションスキルの高いお方や若いお方は、大歓迎いたします」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。