ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2013:Samsung、AppleのPassbookに似た『Samsung Wallet』アプリの提供を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Samsungがスペイン・バルセロナで今週水曜に開催した『MWC 2013』の開発者向けカンファレンスにおいて、『Samsung Wallet』と呼ばれる新サービスとAndroidアプリの提供を発表しました。

『Samsung Wallet』は、AppleがiOS 6で追加した『Passbook』に似たサービスで、提携パートナーの飛行機搭乗券やイベントの参加チケット、お店のクーポンなどを専用アプリでまとめることができるというもの。発行されたチケットやクーポンの情報はリアルタイムに更新され、時間と場所をベースに端末にプッシュで通知する機能を備えます。

Samsungは同サービス専用のAPIのベータ提供を3月に予定しており、公式サイトを他社の参加を呼びかけています。カンファレンスでは、ローンチ時の提携パートナーとして、Major League Baseball Advanced Media、Expedia、Booking.com、Hotels.com、Lufthansaなどの参加が発表されました。同サービスはNFCを利用した処理に対応していませんが、SamsungはVisaのNFC決済サービス『PayWave』を今後の自社端末に組み込むことを発表しており、将来的には『PayWave』を利用した決済機能がWalletアプリに統合されるものと予想されます。
Source : The Verge



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版Chrome安定板がv25.0.1364.123にアップデート、バックグラウンドでのオーディオ再生をサポート
都営地下鉄 大江戸線の携帯サービスエリアが拡大
ヤフー、Yahoo!カテゴリの公式Androidアプリをリリース

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP